RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

赤坂整形外科

院長のオリジナルの考えをのせています。今までの考えを残してゆくつもりで筆を執りました。読み物だと思ってください。
痛みの話1
  • 神経障害性疼痛 と関連する痛みの話
 
神経障害性疼痛は、テレビで武田鉄矢さんがコマーシャルしていましたね。
専門用語ですので、意味がよく分からない方も多かったと思います。
痛みは、医学的には、侵害性疼痛 神経障害性疼痛、非器質性疼痛などと分けて説明されていますが、これらの言葉は難しそうで受け付けにくいと思いますので、今回は、私流にまとめてみます。独自の見解が入りますので、これから述べること、すべて正しい とは言えませんが、今までの経験で、こう考えるのがよい と信じています。
 
まず、痛みの伝わる仕組み、感じる仕組みを簡単にまとめると、
 
1、悪い痛みの原因となっている部位  から
 例えば、足、膝、腰、腰など
2、痛みを伝える神経 で、痛みは脊髄を経由して脳に伝わります。
3、痛みを感じる脳の部分 で、痛みとして感じます。すると、
4、痛みを抑える神経 が働いて、痛みを伝える神経を抑えます。→強い痛みは治まってきます。
これが、痛みに対する正常な反応です。
急に鋭い痛みが出た時、しばらくつらいのですが、時期に治まってくる のは、この機構が順番に働くからです。
 
神経障害性疼痛はこの2に当たる痛みを伝える神経が、痛みを強く伝えすぎている状態です。痛みを我慢し、長く感じ続けている=その神経が、椎間板ヘルニアなどで、圧迫され、障害され続けている状態で起こる可能性があります。そして、椎間板ヘルニアが治ってきても、痛みだけが残る こともあります。→痛みは我慢し続けない方がよい とことになります。
ほかにも、神経の炎症の後、=例えば、帯状疱疹という病気で、ウイルスが神経を攻撃して炎症を起こした後や、怪我で、直接、神経が損傷した後にも起こります。
痛みを伝える神経からの痛みの伝わり方が強いと、4の痛みを抑える神経の作用が間に合わなくなり、痛みが楽になりません。
通常の痛み止めは、1の原因部位の炎症を抑えて、痛みを発する物質の放出を抑えて、痛みを抑えます。神経障害性疼痛は、1の炎症が強くなくても、=原因部位が悪くなくても、原因部位が治ってきても、痛みが残りますので、
痛み止めが効かない、効きが悪くなります。
 
★新しく、痛みを伝える神経の作用を抑える薬ができた。
 
テレビの宣伝ではこのことを新しい治療と言ったのだと思います。
1の原因部位には作用せずに、痛みを伝える神経の痛みの伝わり方を抑える作用があります。
薬の名前は、リリカですが、成分は、プレガバリン という薬品です。販売している名前が商品名、その成分が、薬品名となります
後述する神経ブロックより、痛みを伝える神経をブロックする作用は弱いのですが、持続的に痛みを抑えることができます。もちろん、神経ブロックなどの注射が苦手の方には、福音です。
ただし、神経に直接作用しますので、普通の痛み止めと違って、神経に関する副作用が出ることがあります。
眠くなる、ふらふらする、気持ち悪い、長く飲むと便秘する、体重が増えるなど。です。
通常の大きさは、一錠75ミリグラムなのですが、体格の良い男の人でも、一回飲むとふらふらしすぎて、次はとても飲めない 方もいます。
そこで、一錠25ミリグラムの少量から始めます。副作用の出にくい夜寝る前に飲んでもらいます。寝てしまえば、副作用を感じにくいためです。
この量で痛みに効く方もいますし、朝、やはりふらふらして、次飲めそうもない方もいます。少し位のふらつきや眠気なら、飲んでいるうちに慣れて飲めるようになることもあり、このままの量を持続してみます。
 
残念ながら、最初の少量でも飲めない方は、この薬を使うことはできません。
 
逆に副作用が出ない方は、量が少なすぎて、効きが悪くなります。
こちらも急に量を増やすと副作用が出て飲めないことがあり、3、4日で少しずつ量を増やしていくのがよいと考えます。
飲める方は、75ミリを3,4錠はコンスタントに使用できます。
この薬を使いながら、痛みが治まるのを待てる と、椎間板ヘルニアなどは手術せずに治ってゆく方が多くなりました。
 
★他に、痛みを伝える神経が強く働いていると考えられる場合
 
神経が障害された状態 と言えなくても、痛みを伝える神経が過剰に働いている、
急に痛みが出た時でも、この状態になっている場合がある と考えています。 
神経障害性疼痛では、びりびり、ちくちく、ジンジン、しびれるような痛み、電気が走るような痛み などの表現をテレビでは言っています が、このような表現の痛みとは限りません。
次のようなときは、痛みを伝える神経が過剰に働いていると考えています。
 
 ⊆蠎鵑変形していて骨折しているのに、あまり痛みを感じないでケロッと来院される方 がいます。これは、痛みを抑える神経が働いて、最初の激痛が抑えられている状況です。
一方で、軽い捻挫なのに、異常に痛くて腕を抑えて来院される方がいます。この方は痛みの信号があまりにも過剰に伝わるため、4の痛みを抑える神経の働きも間に合わない と考えています。
部位は、手とは限りません。足をひねった場合は、大したケガでないのに、足がつけない状態が1,2日続きます。
年齢も、10歳以下のお子さんにも診られます。大人だけではありません。
◆急に首や腰が痛くなった時も同じことが起こります。激痛が治まらずに異常に痛がって来られる方は、痛みを伝える神経が過剰に働いている方がいると考えています。
、痛い部分が、次第に広がってきた。
例えば、はじめは手首が痛いだけだったのに、我慢していたら、肘から肩まで痛くなってきたなど です。
ぁ急にズキンと激しい痛みが来るが、時期に治まる。
どの部位でも構いませんが、これらの痛みの出方も、痛みを伝える神経が過剰に働いていると考えています。
 
治療は、
 
通常の痛み止めでも効くこともあります。特に、アセトアミノフェン(商品名カロナール)は直接、脳で痛みを感じにくくする作用もあり、副作用も少なく、量も多く投与できるため、よく使っています。加えて、ノイロトロピンという4の痛みを抑える神経の作用を高める薬を使います。の場合は、漢方薬の、芍薬甘草湯という薬が効くことがあります。
 
痛みが強いときは今上にのべた治療では痛みが楽になりません。
 
急性期の首や腰の痛みの時の話。
急性期とは、痛みが強くなってから4週間ぐらいまでです。痛みを過敏に伝えている状態に陥っているかどうかの診断は経験によるものになります。(痛みを伝える神経の敏感度を計る器械がありますが、普及していません。)特徴は、痛みが非常に強く、診察で動かしても非常に痛がり、動きも非常に悪いときです。ただ“非常に痛い”だけでは3の脳で痛みを強く感じているだけの場合がありますので、それに伴う動きの悪さなど診察して、一人一人の状態を判断する必要があります。
この場合も、前述のリリカは効きます。別に神経が障害されてなくても、神経の痛みを過敏に伝える作用を抑えるのです。しかし、一番効果があるのは、神経ブロック治療と考えます。
神経ブロックという治療は、麻酔剤を注射して直接神経を遮断します。痛みを伝える物質を一度遮断すると、麻酔が覚めた後も、激痛は治まります。過敏に痛みを伝えている神経を、一度ブロックすることで、痛みを伝える神経の作用を元に戻す、=痛みの伝わり方を通常に戻す、+神経ブロック=麻酔という別の痛み刺激を与えることで、痛みを抑える神経の作用を高める、などの理由で、麻酔が覚めた後も痛みが楽になると考えています。
ただし、この治療も、
痛みを伝えている神経でない違う神経にブロックすると、効果が悪くなります。(どの神経が痛みの原因かわからない時など)
痛みの原因が悪すぎ(椎間板ヘルニアで神経の圧迫強すぎるなど)て、痛みを起こす物質を強く出し続けている状態ですと、麻酔が覚めた後は、またもとの痛みに戻ってしまいます。
万能ではありません。
 
★神経ブロックの具体的な例
 
手首を骨折して来院された方で、脇の下(腋窩(えきか))は、指先に行く神経が集まっていますので、その部分に麻酔して痛みを取って、ずれた骨折を整復することがあります。
非常に痛がっている方でも、この麻酔(腋窩(えきか)にする神経ブロックと同じです。)を一度かけると、整復がうまくできた、できないにかかわらず、痛みが楽になります。ギプスで固定しますので、それで楽になることもありますが、麻酔が覚めた後も、前のような激痛は来ません。
 
首が原因の上肢の神経痛、例えば、頚椎の椎間板ヘルニアで、激痛が出たばかりの方に、原因と考えられる首の神経にブロックをします。手技は、頚椎の外の部分の骨にレントゲン透視を見ながら注射することで十分です。すると、痛みは残りますが、激痛は取れて、時間はかかりますが、徐々に痛みは楽になります。
 
星状神経節(せいじょうしんけいせつ)ブロックも、首の激痛のときによく効きますが、ヘルニアが大きく上肢の痛みが強いときや、神経の炎症で肩関節部分まで激痛がある時にはあまり効きません。
 星状神経節とは、首の、のど仏のやや下方、左右にある交感神経の大きな細胞です。直接痛みを伝える神経をブロックするのではありません。痛みを抑える神経の作用を強めて、痛みを強く伝えている神経の伝わり方も元に戻す作用があり、効果があるのです。→直接、痛みを伝えている神経をブロックする方法よりは、効果が悪くなります。
 
腰では、腰椎の外にブロックしても、なかなか神経のそばに当たりませんので、尾てい骨のすぐ上にある、神経の通り道(脊柱管(せきちゅうかん))につながっている穴から、麻酔の注射をします。これが、仙骨部硬膜外ブロック、仙骨部ブロックです。この注射も、過敏に痛みを伝えている神経を抑えて、麻酔が覚めた後も、痛みの伝わり方が元に戻ってどんどん楽になります。

以上述べてきた神経ブロックは、かなり体の深くに針を入れます。そのため、当院ではレントゲン透視で、針の先がきちんと目的部位に入っているか確認していますし、施行後は、15分ぐらいは、休んでから帰宅してもらっています。
 
首、腰の背骨の中央部から打つ硬膜外ブロックは、より効果があります。
MRI検査などで、原因の部位がはっきりわかっている方がよいです。レントゲン透視を見ながら、ヘルニアのある原因部位に直接注射を打つことができます。
血圧が下がることがあり、点滴を入れておく必要があること、麻酔剤を入れますので、施行した後、歩くことが困難となり、最低1〜2時間休む必要があること、などの理由で、通常、緊急では行っていません。
 
痛い部分に浅く注射するブロックは、効果は悪くなります(あるいはあまり効かないこともあります)が、すぐに帰れますし、レントゲン透視は必要なく、今まで述べてきたブロックよりは手軽です。直接痛みを伝える神経をブロックするのではなく、刺激が出ていて痛みに敏感になっている部分(トリガーポイント)に注射することにより、別の痛み刺激を与えて、痛みを抑える神経の作用を高める ことで、痛みを楽にする と考えています。
 
 
神経ブロックが持続的に作用する治療が一番効く。
 
痛みを伝える神経をしっかりブロックする神経ブロック治療が持続的に効けば、一番強力な治療のはずです。
硬膜外ブロックを施行するとき、細いチューブを留置して、麻酔薬を入れ続けることができます。硬膜外ブロックに使われる針は太く、中にチューブを通すことができます。硬膜外に針が達したところで、チューブを中に入れてゆきます。チューブは、針を刺している位置よりも上方(頭側)に入ってゆきます。抜けてこないように、皮膚と手術用の糸で縛っておきます。
硬膜外ブロックは、首から腰まで可能ですので、脊椎からの痛みをほぼ網羅(もうら)できます。
麻酔薬が徐々に入るような袋状の装置がありますので、それをチューブの先につけておきます。原因となる部位よりも、チューブが脳に近い上方に留置していますので、痛みが脳に伝わることを持続的にブロックすることができます。この方法は、手術の麻酔の時に行い、術後の痛みを取るために用いる方法です。が、痛みを伝える神経を強力に抑える方法としてはベストです。
勤務医時代は、入院で、ヘルニアの検査して、ヘルニアのある部位、あるいはそれよりも脳に近い部位(ヘルニアの部位より下方の脚に近い場所に注射すると、チューブがヘルニアに邪魔されて、脳の側に届かなくなる可能性があります。)に注射して、この治療を行っていました。この治療により、手術を避けられた患者さんが多くいました。
入院して管理がよい、必要とされるのですが、外来通院でも不可能ではない と考えます。
チューブ留置する治療も、外来でも可能ではないかと考えられる理由は、
血圧が落ちるなどは、最初に麻酔薬を多く入れた時に起きるので、常時管理する必要はなくなります。
挿入部が化膿していないか、チューブが抜けてきていないか、薬が入り続けているか、確認が必要です。また、問題が起こった時にすぐに連絡対応できることは、必要です(残念ながら当院ではこれらの体制ができていませんので、行っていません。+チューブ留置は、外来で施行しても、健康保険では認められない、と思います。(硬膜外ブロック自体は認められています。))
が、
実際はチューブがぬけていても、薬が入っていかなくても、消毒する、チューブを抜くなどの対応は半日〜一日ぐらい待つこともできますので、緊急の診察で診る対応は必ずしも必要ではないのです。→一日一回ぐらいの確認で充分です。
 
いままで、よく痛みが抑えられるような お話をしてきました。
ただこれは、最初の図の2の、痛みを伝える神経が過剰に働いていて、痛みが伝わりすぎているとき の話です。
3,の脳で痛みを感じすぎているとき、
1の原因部位が痛み物質を過剰に出している?とき、
 前述した、原因部位が悪すぎる(ヘルニアの圧迫が強すぎるなど)以外にも、この状態になっているとしか考えられない?方がいます。次回にお話しする予定です。
(4は、3にも関連しています。脳で痛みを感じすぎている方も、この痛みを抑える神経の作用が弱くなります。)
このような時は、この治療は効かなくなります。今回のべた治療の効果は、それぞれの方が、2が痛みにどれだけ関与している かになるのです。
 
| 本に載っていない話 | 21:17 | - | - | - | - |
変形性○○症の話
長らくお持たせしました。
今回は教科書にも載っている話 プラスαです。
出来るだけわかりやすく、難しい専門用語を使わないように書いてみました。
 


変形という言葉の話
 
骨折の変形
骨が変形している
 外から見た時、明らかに形が変わっている=変形しているときに使う言葉です。
例えば、手をついて倒れた後、手首が変形している という具合に使います。
外から見て、手首の形がゆがんで見えるときは、まず骨折していて、骨が“ずれ”ています。つまり、この変形は、ずれ を表します。元ある形から違う形になっている のです。
 
変形性関節症
 
こちらの変形は、骨が“ずれる”という意味とは違います。
変形性○○ というときは、まず軟骨が傷んできて、つまり、軟骨がすり減ってきて関節の隙間(すきま)が狭くなります。それを補おうとして、軟骨に接触している部分の骨が膨らんだり、とんがってきたりして、関節の接触する面積を増やそうとして、骨の形が変わることです。
別に ずれ は生じないのです。
また、軟骨が悪くなって起こるので、骨が弱くなって起こる(→骨粗鬆症(こつそしょうしょう))こととも違います。
 膝の変形
変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)
 
こちらの変形も、変形性関節症と同じです。
脊椎をつないでいる、椎間板は柔らかい軟骨のクッションです。この椎間板が傷んできて高さ=幅 が減少してきます。それを補うように、椎間板に接する上下の骨がとがってきたりして、接触面積を増やします。
また、脊椎の後面には、椎間関節という関節があります。こちらの軟骨もすり減ってきて、それを補うように、軟骨に接触している骨が、とがってきたり、膨らんできたりします。
これらの変化が、変形性脊椎症です。別に脊椎=背骨が ずれる 曲がる 歪む わけではありません。し、骨が弱くなったから起こるわけでもありません。
 変形性腰椎症側面
腰椎=腰の骨の部分の、変形性脊椎症が変形性腰椎症です。腰椎症、腰部脊椎症も同じ意味になります。頚椎=首の部分なら変形性頚椎症となります。同じく、頚椎症、頚部脊椎症も同じ意味です。
 
脊椎の中の神経の通り道は、脊柱管(せきちゅうかん)と呼びます。変形性腰椎症で、椎間関節の変形が進んできますと、骨が膨らんできて、脊柱管が狭くなります。これが、
腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)です。
変形性脊椎症が腰部脊柱管狭窄症の原因になるのですから、若い方は少ない となります。
 腰の脊柱管の変形
誰でも年を取れば、多少なりとも、変形性○○症になります。
変形性○○症になるのなら、皆、痛みなどの障害が出るはずです。
ところが、実際は、違います
程度にもよります。
もちろん、ひどい変形性○○になると、痛い、動きづらいなど、それなりの症状は出ます。
ただ、軽い方は、症状も出ないことも多いのです。
問題なのは、
一度変形すると。元には戻りません。
変形しているから元には戻りません。
と、医者が言うことです。
元に戻る=若返る ことですから現時点ではまだ無理です。
軟骨の細胞を傷んだところに植え付けて、再生する治療がようやく始まったばかりです。
費用もかかり、普及はまだまだです。
でも、心配はないのです。
変形していても症状が出ない 状態になればOKです。
これが、治療です。変形を元に戻すことが根本治療ではないのです。
 
変形は、進行しているときに、痛みが出ます。
程度が軽くても、重くても です。
程度が重くても、進行が止まる あるいは、進行が遅くなると、つらい痛みは消えて、なんとか日常はOKになります。
治療は、この進行を止める、遅くする状態に持ってゆくこと です。
進行しているときには、炎症が起こっています。
炎症とは、腫れる、熱を持つ、皮膚が赤くなる、痛みが出る状態です。
軽いと、腫れる、熱を持つは外からはわかりません。赤くもなりません。痛みも出るのですが、常ではありません。使うと痛い、じっとしていると痛い、動かし出しに痛い などです。
したがって、炎症を抑える、消炎鎮痛剤=痛み止め が効くのです。
炎症を抑えることが、ある程度、進行を抑えることになります。
 
逆に、痛み止めが、効かない ときは、
1、上に述べたような炎症が痛みの原因となっていない。(どのような状態なのかは次回します)
2、痛み止めの量が少なくて、炎症が強すぎて、充分に効いていない。
3=炎症が治まらない状態 になっている、使っている。
炎症を抑えるためには、体の使いすぎ、負担のかけすぎ は禁物です。
膝なら、普通に歩いていたのでは、炎症が治まらないこともあります。
 
などが、考えられます。
 
変形性○○症は軟骨が傷んでくる のですから、軟骨に効く薬は?
グルコサミン、コンドロイチン硫酸などは軟骨の成分で、飲み薬が市販されていますが、日本では、医師が患者さんに出すための処方薬としては認められていませんので、効果がどのくらいあるのかは、はっきりしていません。=お医者さんの調べたデータがありません。
ヒアルロン酸は、主に関節液(関節をスムースに動かす役目がある。炎症が強くなると増えて、関節に水がたまる状態になる。)の成分です。
同じく医師の処方薬(飲み薬)はありません(市販薬はあります)ので、効果がどのくらいあるのかはっきりしません。
ただ、注射薬は普及しています。
健康保険では、膝と、肩関節に認められていますが、実際は、どの関節にも効果があります。
ただし、小さい関節に注射しますと、ヒアルロン酸は、関節液よりは、粘り気が強く、関節内の圧力が上がってしまって、かなり痛みが出ます。
肘、足関節ぐらいまでが限界です。
注射薬の種類は、3つあります。
最初から普及していた分子量(簡単に言うと粒の大きさ)が小さいもの、次に開発された、分子量の少し大きいもの、最近開発された、分子量の大きいもの です。人の体にあるヒアルロン酸に一番近いのは、分子量の大きいもので、効果も大きいのですが、値段も高く、ほかのヒアルロン酸が効果がない方で、3回までしか打てないという、健康保険上の制限があります。
 
変形性○○症は元に戻すことはできません。が、
症状が出なくなるように持ってゆけばよいのです。
変形性○○症があっても、必ず痛みが出るとは限らないのです。
変形性○○症を恐れることはやめましょう。なっているからと言って、悲観することはやめましょう。
 

なりやすい方と、なりにくい方
なりやすい部位 があります。
親がなっていると、子供もなる こともあります。
遺伝的に弱い関節が決まっている とも考えられます。
 
例えば、指先の一番目の関節が腫れたり、膨らんだりして痛みが出ている方。
中年以降の主に女性に診られます。
一番目の関節が腫れる、膨らむ、痛い は、関節リウマチではなく、その関節の変形性関節症です。
二番目の関節が、腫れる、膨らむ、痛い は、変形性関節症と関節リウマチがともに考えられます。関節リウマチが起こる関節は、他に、指先から三番目の関節、手首の関節などです。それに対して、変形性関節症は、三番目の関節や、手首の関節に起こることは珍しくなります。ただし、親指の付け根の関節(指先から三番目の関節)は、変形性関節症の方が起こります。
このように、変形性関節症が起こりやすい 部位 はあるのです。
 手の関節
+他になりやすい要因は
膝が変形性関節症になりやすい方
 腿(もも)の筋力が弱い方
 O脚の方(脚を伸ばして立つとがに股になる方) 膝の内側に体重の重心がきますので、内側の軟骨がすり減りやすいのです。
 →脚のかたちをX脚に持ってゆくと、体重が外側に載ります。そのために、かかとの外側が高くなっている足底板という装具をつけるのです。
 O脚
腰部脊柱管狭窄症になりやすい方
もともと脊柱管の形が狭くなりやすい形の方がいます。
このような方が、年を取ってゆきますと、後方の椎間関節が変形して、骨が膨らんできたり、黄色靭帯が厚くなってきて、脊柱管が狭くなるのです。
 
痛みが出る、進行する方
 
変形性○○症は、なりやすい方がいるお話はしました。+さらになりやすくする原因の話です。
 
最近は、常に力を入れて使っている方 と考えています。
指先一つにしても、字を書くときも、日常の作業をする時も、指に力を入れている方。
常に緊張して、指先を使っている方 です。
膝ですと、膝から下に力を入れて歩いている方、→足で地面を力強く蹴って歩くと、膝にも力が入ります。→早く歩くと力が余計にかかります。
関節は筋肉を緊張させて使っていると、関節に余計な負荷がかかって、どんどん悪くなるということです。
一方、関節は、力を抜いて動かすと、関節に負担がかかるどころか、関節液の流れがよくなって、関節の中の状態を修復すると考えています。また、一緒に筋肉を動かしますので、血流も良くなります。関節を動かして治すとされる関節運動学的アプローチや、 マッサージ、ストレッチなど、すべて力をぬいてうければ、効果がてきめん ということです。
以前のべた、座っているときの、貧乏ゆすりもよい例です。
これは、力を抜いて、無意識に股関節、膝関節、足関節を動かしていることになります。
腰にかかる力も、分散されますので、腰痛にも良いのです。
座ったまま、緊張して、じっとしていると、股関節、膝関節、足関節、腰に力がかかって、負担がかかることになります。そして、立ち上がるとき、歩きだすとき、膝が痛い、腰がいたい、下肢がしびれている ということになります。
立っているときのゆすり運動も同じです。
立ったままじっとしていると、筋肉が緊張して、関節に負担がかかります。
脚をゆする、足の位置をしょっちゅう踏みかえる、と、同じように力が分散して負担が軽くなります。

誰も見ていないときは、大いにゆすりましょう。
 
指先は、できるだけ力を抜いて使うように努力してみましょう。
反対側の手で、もう一方の指の関節の力を抜いた状態で、動かしたり、引っ張ったりすることは治療になるということです。
親指の一番先の関節がカクンと引っかかる、ばね指は、2番目の関節の手のひら側で、指を曲げる腱が引っかかっているために起こります。2番目の関節を指で押さえて動かないようにして、一番目の関節だけを動かすと、力が絶対に入りません。この状態で動かす練習をすると、腱の滑りがよくなって治ってゆきます。つまり、力を抜いて動かす 治療になっているのです。
 ばね指の運動法
膝関節が痛いときは、力強く地面をけって歩く歩き方を避けましょう。
脚全体の力を抜いて、膝を腿(もも)の力で前へ送る歩き方がよいです
蹴り返しを行わないと、べた足で、雪道で滑らない歩き方と同じ感じです。
が、力を抜く感じで、踏ん張る感じでもありません。
軽く蹴って歩いても力を抜く感じでOKです。
早く歩けませんから、ゆっくり歩く感じです。
歩き方がわからないときは、ゆっくり歩くのでもよいのです。
 
力を抜いて膝関節を動かす。
湯船の中につかる恰好で、膝を曲げ伸ばしします。
手を使っても良いです。体重がかかりませんので、力を抜いて行います。
膝の伸びや、曲がりが悪いときは、痛いところまで、曲げ伸ばしをしないと、動くようにはなりません。痛みがつらくならない程度に行います。頑張りすぎると痛みが悪化します。
動かしただけで、痛みが出るときは、ゆっくり痛みが出ないように行います。
痛みが少なくなったら、少し早目に動かせるようになります。
→動かしたときの痛みが強い方は、ここまでできるのに、ともて時間がかかります。根気が必要です。
回数は、一生懸命やりすぎない程度でOKです。動かした後、痛みが強くなるときはやりすぎです。
 
膝の筋力トレーニング
力を抜いて動かすことばかりお話ししましたが、筋力があることも大事です。
 
膝が動かせる方は、行ってみましょう。→膝を動かすと痛みが強い方は、ある程度スムースに動かせるようになってからです。
 
座って行う筋トレ
足が床につく普通の椅子では、背もたれがあるのがよいです。背もたれがないと、腰に負担がかかります。
おもりは反対側の脚です。
力を入れるのは、悪い膝の腿(もも)の前の筋肉です。
力を入れ続けて、30数えてください。
職場の椅子に座っていてもできます。
仕事の合間に思い出したように行うことでOKです。
 座位四頭筋訓練
寝て行う筋トレ
この筋トレは、膝が動かなくてもできます。
 
伸ばすときお皿に力を入れる
お皿に力を入れて、膝を伸ばすように力を入れます。
伸ばしたまま少し持ち上げる 冬は、布団の中で行うこと(おもりは布団です)で十分です。伸ばす運動も、持ち上げる運動も、ともに30数えてください。数回でよいです。寝る前、起きる前に忘れずに行ってください。やりすぎはやはり禁物です。
 SLR訓練
以前にもお話しした、片脚立ちトレーニングをしてください。
腿を引き上げる力がついて、楽に脚を前に送れるようになります。
膝を曲げて腿を持ち上げて30数えてください。
腿は、高く持ち上げた方が、力が入ります。
出来ない方は、腿をあまり高く持ち上げずに、片方の手で支えながら開始してください。
歯を磨きながらでも、静止できるようになれば合格です。
→洗面所で、左右それぞれ一日2回ずつ行えばOKです。
早くできるように と、あせってやりすぎは禁物です。
片脚立位 
以上、いずれも日数をかけて少しずつ行ってください。やりすぎると、筋肉で痛みが出る方(筋痛症になっている方(次回お話しします。))は悪化します。半年から1年ぐらいでよくなったと実感できるので良いです。
 
| 本に載っていない話 | 08:13 | - | - | - | - |
本に載っていない整形外科の話
 

腰痛の話1

 

整形外科で診断するは、ほとんど腰椎部分だけ

 

腰は、腰椎、骨盤、それを支える筋肉で構成されていますが、整形外科で病名が着いて、治療(手術)の対象になる部分が、ほぼ腰椎に限られます。

 

それ以外の骨盤部分の病名はまだまだ診断病名がつけられていないのが現状です。

整形外科の外科部分の手術の対象とならないからです。

しかし、実際は、骨盤、筋肉から痛みが出ていることも多いのです。

 kosi13

腰椎の病気

一般の方の読む医学の本にも載っていますので、よく診られる病気のみ簡単にまとめます。

 

腰椎椎間板ヘルニア

 椎間板が、脚へ行く神経の通り道(腰部脊柱管)に出っ張って(=ヘルニアを起こして)、症状がでます。症状は、腰痛、臀部痛、下肢痛、しびれです。通常は片側に症状がでます。下肢痛、しびれだけの症状のこともあります。場所は、膝から下の外側だけ、足の甲だけ

のこともあります。ヘルニアになりやすい方が、遺伝的に決まっていて、親がヘルニアだと、お子さんもなりやすいです。比較的若い方に症状がでます。椎間板は中心部に髄核と呼ばれるクッションと、周りを繊維輪と呼ばれる繊維質の組織の2重構造になっていて、その髄核が出っ張る、飛び出るのがヘルニアです。年を取ると髄核と繊維輪が混ざり合う2重構造が壊れるような状態になってゆき、ヘルニアは起こしにくくなります。

症状が強くない時は、座っていると椎間板の圧力が高まって症状が強くなり、歩くと力が分散されて楽になります。

 kosi10kosi12

腰部脊柱管狭窄症

 脊柱管が、主に、腰椎の後方の骨が厚くなったり、とがったりする変形によって、脊柱管の中に出っ張って、脚に行く神経を圧迫する病気です。もともと脊柱管が広くない形の方が、年を取って、骨が厚くなると起こります。

症状は、下肢の痛みしびれです。左右両方に起こることも多くなります。

椎間板ヘルニアと違って、歩くと痛みが出ます。座っていると症状が出ません。

前かがみになると脊柱管が広がって症状が楽になります。ヘルニアは、前かがみで、椎間板の圧力が上がって症状が強くなることが多いです。

杖を着いたり、カートを押したり、自転車を漕いだり、前かがみの姿勢ですと痛みがでにくくなります。

歩いて痛みが強いと、立ち止まったり、前かがみになって休むことになります。するとまた楽になって歩くことが出来ます。

 

ともに、症状が強いと、座っても寝ていても、歩いても痛みが出てきます。区別がつきません。神経が麻痺して、足の感覚や、力が抜けてきます。

さらには、尿漏れ、残尿、尿が出ない、便秘など、膀胱や直腸の障害がでることもあります。こうなると、速やかに手術が必要です。

 

腰椎分離症

 主に若いスポーツをする方が、繰り返し腰に負担がかかって生じます。

第5腰椎の後ろの椎弓部分が細く弱いと起こりやすいです。

 生じたばかりの時は、ギプスで数か月固定すると着く のですが、分離症が残っていても、いつも痛みが出るようにはなりませんので、日常はほとんど問題ない方が多いです。

 

腰椎すべり症

 腰椎後方部分の椎弓が分離して起こる、腰椎分離すべり症と、分離のない腰椎変性すべり症があります。

 分離すべり症は、先天的にその形になっている方もいて、比較的若い方から症状が出ることがありますが、これらの形になっていても、症状がほとんどでないこともあり、あまり神経質にならないことです。

 症状が強いと、すべっている部分で脚に行く神経が圧迫されて、腰椎椎間板ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄症の症状と同じになります。

 

腰椎圧迫骨折

 しりもちや、転落などの怪我をした時に生じます。腰椎は5つありますが、負荷の集中する1,2番の上部の腰椎や、11、12番の下部胸椎に多く診られます。

 ひどい怪我で、脊柱管のほうに骨が飛び出すと、脊髄の下部や、その板の馬尾神経が圧迫麻痺して下肢が動かなくなることがありますが、

 一般には、骨が弱くなっている骨粗鬆症の方が、軽い怪我や、あるいは物を持ったたり、かがんだりするだけで前の部分中心につぶれることが多い病気です。したがって、麻痺はおきません。

ただし、何箇所も起してくると、脊椎の前の部分の高さが減少しますので、背中が丸くなってしまいます。

 この骨折を生じた時は、歩けるのですが、寝ると寝返りが出来ない、起き上がれないなどの特徴があります。

 途中よくなったのに、また痛みが強くなることもあります。実は、このとき、つぶれている部分がさらにつぶれていることが起こっています。骨が弱いためと考えます。

手術して、つぶれた骨を固定しておかないとさらにつぶれてくる可能性があるのです。

 kosi16

腰椎以外が原因の腰の病気

 

骨盤の仙腸関節が原因

 レントゲンでは、骨盤のつなぎ目である後方左右にある仙腸関節と、前にある恥骨結合に負担がかかっている所見を認めます。

 左右片脚ずつ立ったとき、恥骨結合が動くようであれば、必ず仙腸関節にも動きが出て、負担がかかります。骨盤輪不安定症という病名がつくこともあります。

恥骨結合は動くことがないのが通常です。特に女性は、出産で、骨盤が開いて、恥骨結合も一度ゆるみますので、出産後、この関節が安定してこないとこの現象が残ります。

 

症状は、大腰筋という、腰椎から左右に出てこの関節の前を支えて、股関節につく筋肉にでます。

この筋肉は股関節を曲げる、立っていて膝を曲げて、脚を持ち上げる方向の時に作用します。この力が入りにくくなります。また、この筋肉が伸びるシェーのポーズが出来なくなります。

この筋肉のまわりには、坐骨神経以外、大腿(もも)の内側に行く神経などもあり、坐骨神経痛(主に下肢の後方に痛みがでます)や、腿の内側にも痛みがきたりします。この筋肉が付いている股関節が痛いことも多く診られます。また、骨盤を支えるほかの筋肉にも痛みがきて、痛む場所が変わることもあります。

実は、この骨盤で痛みが出ている方が以外に多いのです。

腰椎の病気の時に述べませんでしたが、ヘルニアを起こさなくても腰椎の椎間板だけが悪くなる方も多く診られます。あるいは、年を取ると、どの方も椎間板は悪くなって行くと考えてもかまいません。ただ、悪くなる=腰痛が出る とは限りません。

椎間板が悪くなると、その高さが、減少します。そうすると、動きが悪くなります。→腰の腰椎部分が動かなくなります。→骨盤や、股関節で腰が動くことになり、仙腸関節、大腰筋に負担がかかるのです。そして、骨盤で痛みが出る状態になります。

したがって、ある程度の年では、腰椎変性すべり症などの腰の病気があっても、その部分の腰椎の動きがなく、骨盤に負担がかかって、骨盤から痛みが出ている方も多数診られます。

 kosi14

骨盤から坐骨神経が出てゆく部分の圧迫障害

 ちょうど左右臀部の中央部分がその場所です。この部分の筋肉で坐骨神経が圧迫される病気です。はっきりこの病気と断定できる方は少ないのですが、同じような症状がある方は、しばしば診られます。

 

大腰筋の障害

 単独でこの筋肉に痛みが来ることは、繰り返し腿を上げるスポーツする若者(特に少年)に多く診られます。サッカー選手などが多いです。症状は、腿を挙げる力が弱くなっていることと、この筋肉が付く股関節に痛みがでることです。

腰を支える背筋の障害

やはりスポーツをする若者に多く診られます。動かすと痛いので、走っても、ひどくなると歩いても痛みがでます。座ったり、安静にしていた方が楽になります。

 

以上のようにいろいろ原因を述べてきましたが、

腰の悪い所がある=痛みが出る ではありません。

もちろん、悪くなっていない方に比べて、痛みは出やすくなりますが、

椎間板が悪くなってきたからといって、痛みが出るとは限りません。

腰椎のすべり症があるからといって痛みが出るわけではありません。

 

悪いところを元にもどすことはできません。

手術をしても、元の状態に戻るのではありません。

椎間板ヘルニアを切除する手術 切除したあとの椎間板は元のようにしっかりした髄核と呼ばれる組織が再生するわけではありません。別の組織で置き換わります。

すべり症の手術は、形を元にもどす時に、椎間板を自分の骨で埋めて置き換えて金属で固定します。とても、もとの正常な腰の状態ではありません。

先ほども述べましたが、腰椎が固定されて動かなくなりますから、骨盤や、股関節に負担がかかって骨盤の方から痛みが出たりします。

元の状態ではありませんので、何かしら症状が残ったり、また出たりするのです。

 

悪い所があってもうまく付き合う方法

出来れば手術を避けたい

 

痛みにあわせた動き方をすること

 

痛いのを無理に速度を早く動かさないこと ゆっくり慎重に

安静にして動かない期間は出来るだけ短めでよい。

 

最初痛くて動けなくても、楽になったら、少しずつ動くように。 という当たり前のことです。また、痛みが出たらいやだと思って動かない、かばいすぎはよくありません。

動いていて、逆に痛くなったら、また、動きを抑えればよいのです。

痛みを怖がらないことです。

痛みに合わせた動きをしましょう。

 

  寝返りがつらいなら、ゆっくり痛みがひどくならないように行う。

  寝ておきるとき、痛いときも、ゆっくり、どこかにつかまりながら行う。

  座って痛いなら、座り続ける時間を短く。

  立っていて痛くなるなら、立ち続ける時間を短く。

歩いて痛いなら、歩き続ける距離を短く。あるいは2〜3倍時間をかけてゆっくり歩く。

楽になってきたら、それに応じた速度で、動きましょう。

 

つぎは、激しい痛みの時期を過ぎた時のお話です。

激しい痛みとは、ほとんど動けない、仕事はもちろん。日常の生活がほとんど送れない状態になる痛みのことで、=日常生活、仕事はある程度出来るが、つらい痛みを感じる ではありません。  

 

1、同じ姿勢で長い間じっとしていることを避けましょう。座っていても、立っていても=座位、立位でも同じです。じっとしていると、力が一点に集中して、筋肉が緊張して、血流が悪くなって、痛みが増します。

じっとしないように

腰を回す、脚を揺らす。(=貧乏ゆすり)(座位、立位でも)

座位では、立ったり座ったりがよいのですが、この動作に痛みが出るときは、ゆっくり行ってください。

据わっているときは腰の位置を頻繁に変える

立位では 足の位置を変える、片方の足の底に台を置く、壁にもたれかかる、歩いたり立ち止まったりする。 など

思い出した時に行ってみます。回数は多くても構いません。

 

2、痛い方向に力を抜いてゆっくり思い切って動かす

痛みを怖がらないことです。

腰を回す、側屈する 前屈する 腰を反らす など

各方向に 痛いところまで、大きくゆっくり動かしてみましょう。

膝などの関節の時は特に動かさないと大きく動かなくなります。

腰も動かなくなる可能性があります。

痛いところまで動かすことで、痛みを抑えようとする神経の活動を促します。

 

骨盤から痛みが出ている方は、シェーのポーズに脚を動かすことも大事です。

これは、力を入れずにですから、寝て行うことになります。

膝などは、湯船に使っている恰好で、膝の曲げ伸ばしを手を使って押したり、ひきつけたりして充分に痛いところまで、ゆっくり行います。

早くいきよいよく動かすと痛みが強くなる可能性があります。

力を入れて力んで行っても痛みが強くなる可能性があります。

それと同じように、腰も力を抜いて、ゆっくり充分大きく動かすことがよいと考えます。

この運動の回数は、1日1〜3回ぐらいまでとします。多くすると痛みが強くなる可能性があります。

 

上の方法で痛みが強くなってしまう方は、動かす速度が、早すぎると考えます。もっとゆっくり行ってみてください。それでも痛い時は、

痛くないほうに行うストレッチ、体操 がよいです。

 

3、痛みがでない方向にうごかします

前かがみや、座っていて痛みが強くなる方は、

体をそらす運動です。

うつぶせに寝た恰好で、手を使って状態を起こして、30ぐらい数えます。

 

立位や、歩行で痛みが増す方は、

仰向けに寝て膝を抱える体操です。

両膝を抱える方法と、

片脚は伸ばしたまま片膝を抱える方法があります。

膝を抱えると、背筋のストレッチになります。

伸ばしている脚は次に述べる大腰筋のストレッチになります。

 

4、簡単に出来る筋肉トレーニング

少しぐらい痛みがあってもできるトレーニングです。

普段、痛みを出にくくするには、筋力が必要です。

腰の悪いところを筋力でカバーするのです。

 kosi15

腿を上げるトレーニング

片脚立ちで、30秒ぐらい保持します。腿を上げる角度が90度に近くなるほど、筋力が要ります。少しぐらい上げるのは、さほど筋力が要りません。

腿を上げる運動は、股関節の屈曲になります。股関節を屈曲する大腰筋のトレーニングになります。支えている脚のほうは、骨盤を支える筋肉のトレーニングになります。

歯を磨きながら1日2回それぞれ1回ずつで充分です。舞日地必ず行う動作と一緒に行う習慣がつけば、生涯行い続けることが出来ます。

歩けなくなってしまう病気を、ここ数年、整形外科では、ロコモティブシンドローム(通称 ロコモ)と呼びます。

この運動は、ロコモにならないための運動のひとつです。

 

後、ロコモにならないために大事なことは、ベットや、布団の上で、仰向けからその寝ているその位置を保って、手を使わずに横向きに寝返りすることです。ごろんと横に転がるのではありません。一度起き上がって、横を向いて寝るのでもありません。上向きに寝たまま、腰、骨盤をうしろに引きながら横を向くということです。腰、骨盤を動かす最低限の筋力が必要です。幅 60センチの狭いベットで行うとわかります。寝ているその位置で横を向かないと、転がって横を向こうとするとベットから落ちてしまいますから。

 

脚を後ろに上げるトレーニング

同じく30秒ぐらい保持してください。腿持ち上げトレーニングとともに、立位で片脚ずつ行いましょう。

お尻の大殿筋のトレーニングです。こちらは、股関節を伸ばす時に使う筋肉のトレーニングです。

股関節を曲げる力と、伸ばす力のバランスが悪いと痛みがでやすくなります。それぞれの筋肉でも左右差があると痛みがでやすくなります。

バランスのよい筋力になるように3ヶ月ぐらい先を見据えて行いましょう。

 

★病は気から、痛みも気からです。

 

長引く痛みを取るためには、根気が必要です。

すぐに治らないからと、すぐにあきらめては治るものも治りません。

→頻繁に医者を替えて、医院、病院のはしごをする方はよくならない ということです。

治療には受ける側も、施行する側も、しつこさが必要です。根気、気力が必要です。

 

痛みから気をそらす

 

痛みを気にしないこと

 

周りの人に痛い、痛い といい続けないこと

自分の病気のことを周りの人に言い続けないこと。

他の人に訴えるたびに、その痛みを気にしていることになります。

お医者さんにも こうこう痛い と一度言えば 充分です。

 

感じる痛みの程度が同じでも、

痛みの出る頻度が少なくなったら、改善しています。

日常生活や、仕事上、痛みがでにくくなっている時も改善しています。

→出る痛みの程度が同じでも、痛みが変わりません ではありません。

 

痛みを忘れる他の事に気を持っていきましょう。

ただし、集中し過ぎて、じっと固まって行うことは、前にも述べたように、緊張を高めて痛みにはよくないので、あしからず。

 

小さいこと?を気にしていらいらしないこと

 

細かいことまで気にする方、よく言えば、気配りがよく出来る方、悪く言えば、気になっていらいらして怒り出す方

ストレスを抱えて、痛みにもよくありません。

 

+疲れも、体の回復力を弱めて、痛みの回復も遅れます。

疲労を溜めないようにしましょう。

 

痛みの原因になる出来事 交通事故、怪我、何でも構いません。

あのことがあったから、この痛みになった と思い続けていることも 痛みがよくなりません。

まして、相手のせいでこうなったと思っている限り、痛みはよくなりません。

訴訟などを起している限り、よくなりません。

さっさとけりをつけることが痛みの改善に有効です。

原因のことは忘れるように努力してみてください。

 

一言結論、

痛みが悪くならないように、うまく体を動かす、運動する=楽しく行うこと

が、痛みから気もそらして よいことになります。
| 本に載っていない話 | 20:44 | - | - | - | - |
本に載っていない整形外科の話
 

母指の付け根の痛み

 

母指の腱鞘炎

 

母指の関節を伸ばしたり、母指を外に広げる腱が原因

 

産後に起こすことが多い。

産後に起こした方は、安静にしていれば治ります。(→痛いのを我慢して普通に使っていては、なかなか治りません。)

母指を固定するように、弾性包帯を巻く、母指固定用の簡単な装具もあります。

治りにくい方は、副腎皮質ホルモン(ステロイド)の注射をします。

 

原因として、腱鞘の中を、腱が二つに別れて通っている形の方がいます。

この場合は、手術をしないとなかなか治りません。

 

母指の指を伸ばす、示指を伸ばす腱がクロスする部分も炎症を起こす

 

人差し指(示指)を伸ばしても、痛みがでます。上に述べた腱鞘炎の部分よりも肘に近い部分に痛みがでます。安静にしていれば、通常は治ります。

 

母指の関節を曲げる腱の方の腱鞘炎は、ばね指になる

 

母指の指先より1番目の関節(IP関節)を曲げて伸ばす時に、コクンと引っかかるのが、ばね指です。

症状が進むと、

引っ掛かりが強くなると、曲げた時に、なかなか伸びなくなる。

伸びなくなるから、曲げなくなる→IP関節が充分曲がらなくなる。

曲げなくても、引っ掛かりが強くなると、IP関節が、反るように充分伸びなくなる。

 

 

IP関節の部分に痛みを感じることもありますが、

原因は、指先より2番目の関節(MP関節)の掌側の腱鞘で、屈筋腱が引っかかります。

MP関節の掌側を押すと、厚くなった腱鞘を、しこりとして触れる。押すと痛い のでわかります。

症状はIP関節、 原因はMP関節です。

 

引っ掛かりが強い時は、手術治療が一番早く、順調ですと、2週間ぐらいで治ります。

厚くなった腱鞘を、腱と同じ方向に切って開く手術です。

外来通院だけで、簡単に出来る手術なのですが、表面を走る神経を切ると痺れが残る、感染する などが起こりえます。もちろん、2週間で治らなくなります。

 

手術なし で治す時は、

 

MP関節だけを固定して、IP関節の曲げ伸ばしだけを行なう と治ってゆきます。

手を使って何かをする時、ほとんど母指を使います。MP関節まで曲げて力を入れることが多いので、これを出来るだけしないように ということですから、なかなか大変です。

MP関節を固定する方法として、テープを貼る テーピングをする、アルミニウムのシーネ(当て木)で固定するなどの方法があります。

 

IP関節が動かなくなっている時は、MP関節の腱鞘内に、副腎皮質ホルモン(ステロイド)の注射をして、動くようにする必要があります。

 

→6ヶ月から、年単位の根気のいる治療になります。

 

母指の付け根の関節は、変形性関節症を起こす。

 

高齢の女性に多い

 

母指の関節を伸ばしたり、母指を外に広げる腱が起こす腱鞘炎の部分より、少し手先に近い位置にあるのが、CM関節です。

腱鞘炎の時と同じ固定をして、負荷をかけないようにします。

改善が悪い時は、その関節に、副腎皮質ホルモン(ステロイド)の注射をします。

手術は、関節を固定する手術が考えられますが、ここまでになる方はほとんどいません。

 

示指〜小指の第一関節(DIP関節)の痛み、ふくらみは、関節リウマチでない

 

中年以降の女性に多く診られます。

変形性関節症です。進行すると、膨らんできて、ヘベルデン結節といいます。

体質、遺伝的?にその部分が変形性関節症になるか否か あるようです。

例えば、膝は、変形性関節症になっても、この関節はならない 

母親がこの関節が膨らんでいる方は、自分も年を取って膨らんできた

などです。

 

関節リウマチは、手関節、示指〜小指の指先から3番目の関節(=MP関節)などに痛みや、腫れが出てくるのが多いです。リウマチも女性が多いのですが、中年以降とは限りません。

示指〜小指の指先から2番目の関節(=PIP関節)が腫れて痛いときは、リウマチの時も、変形性関節症のときもどちらとも可能性があります。

 

治療は、

変形性関節症のときは、進行しないようにすることが一番です。

ただ、進行して変形しても、日常の生活は送れますので、手術になる方はほとんどいません。

テーピングや、固定装具、固定用のテープなどで出来るだけ止めるようにする。

悪くなっている関節を、力を入れて自分で動かすのではなく、力を抜いたまま、もう一方の手で、引っ張ったり、動かしたりする関節運動は、関節液の流れをよくして、軟骨形成を促すことが出来るようです。

 

リウマチは、

まずは、消炎鎮痛剤(痛み止め)と抗リウマチ剤、(リマチル、アザルフィジンなど)から使い始めます。

進行する例では、以前は、副腎皮質ホルモン(ステロイド)剤が、最も効果のある治療でしたが、

現在は、免疫抑制剤(めんえきよくせいざい)であるメトトレキセート(リウマトレックス)、生物学的製剤(高価で負担金が高い)と呼ばれるリウマチそのものの原因を抑える治療が行えます。効果が出れば、以前のように、関節が破壊されて、手が変形してゆくことはなくなりました。ただし、これら新しい薬剤は、副作用が出て、使用できない場合もあります。

 

母指以外のばね指

 

指先から2番目のPIP関節を曲げて伸ばす時にパキンと引っかかります。

動かさないでいて、動き始めに起こり出すことが多いです。夜のうちは動かしませんので、朝一番に引っかかりだす方が多いです。

原因は、PIP関節ではなく、3番目のMP関節の、掌(てのひら)側で、指を曲げる腱が、腱鞘の中で引っかかります。

進行すると、

PIP関節が充分伸びなくなります。

PIP関節を強く曲げると引っかかってなかなか伸びないため、PIP関節をあまり曲げないようになり、→PIP関節が固くなって曲がらなくなる→充分指が曲がらなくなってきます。

 

治療は、母指のときと同じです。

手術なしで治す時は、

腱鞘内に、ステロイド剤を注射する、

MP関節を固定して、PIP関節、DIP関節(指先から1番目の関節)を曲げる運動をします。握ったり、力を入れて使っていると、進行します。

 

 

掌(てのひら)、手の甲、指の掌側に固(かた)く膨らんで触れるしこりは、ガングリオンのことが多い。

 

ガングリオンは、関節の弱い部分に穴が開いて、そこから袋が出てきて、関節液より濃縮したゼリーが溜まります。そのため、水が溜まっている袋(肘頭、膝頭、足関節の前にできるような滑液包炎=かつえきほうえん)よりは、固くなります。

腱鞘からできることもあります。

皮膚の下で固いしこりが動くこともありますが、

回りの組織とくっついていますと、全く動きもなく、まるで、骨や、軟骨が飛び出したかのような印象です。

できる方とできない方が決まっているようです。出来やすい方は、手以外の関節にもできます。

 

悪いものではありませんので、邪魔にならなければ、放置しても構いません。

弱い部分があるので、その部分から痛みが出ることがあります。超音波を当てれば、痛みは消えます。さらに超音波を当て続けると、引っ込んでなくなることもあります。

自然につぶれることもあります。

袋はひとつではなく、いくつかの房になっていることもあるため、

注射してゼリーを抜くと、しばらく膨らまないこともありますし、すぐに元に戻ってしまう(ゼリーがすべて抜けきれない)こともあります。

手術して切除しても、再発する(取り残しがあるなど)こともあります。

 

掌側の指に出来る小さいしこりのタイプは、腱鞘からのガングリオンです。

腱が引っかかって障害が出るときは、手術してとる必要があります。

針を刺してゼリーを抜く治療は、掌(てのひら)だけに、非常に痛く、小さいだけにうまく抜けない こともあります。 

 

伸筋腱が切れても気にしない人 もいる マレットフィンガー

 

指が当たった怪我のあと、DIP関節(指先から1番目の関節)が、屈曲したまま伸びなくなります。

この場合、DIP関節の手の甲側で、関節を伸ばす腱が切れています。

骨折があって、ずれている時は、鋼線で固定する手術することもあります。

元のように伸ばすためには、6週間の固定が必要です。手術しないで、治す時は、6週間曲げないようにする根気が必要です。

これらの治療をしても、完全には伸びないこともあります。関節を曲げだしたら、どうしても、伸ばす腱にゆるみが生じるためです。

ただし、曲がったままでも、痛みがなくなりますので、物はつかめますし、日常生活には困りません。→放置しても、痛みはなくなります。=困らない ということです。

 

PIP関節掌側の剥離骨折も放って置いても治る?

 

こちらは、指を曲げる腱が付いているわけではありません。指が反らないようにする掌側板(しょうそくばん)という靭帯がついています。

少しぐらい、形が変わって骨がついても、指は曲がり、使えます。

 

ただし、固定しなければ、=安静しなければいけない時期に、マッサージする、力を入れて使いつづけることは論外です。腫れが強くなって、治りが悪くなります。

痛いので使わないようにする、→固定をする。けれども、指が動かなくならないように、動かしておく→固定をはずして動かす練習だけは1日2回ぐらいする がよい です。

痛いので骨がつくまで動かさないでいると、指が動かなくなり、元にもどすのに、非常に時間がかかります。

 

以前の私は、骨折はレントゲン上、かなりよい形に戻ることが重要だと考えていました。(手の外科(手を専門に治療する整形外科の特殊分野)の考え方は特にそうです。)

骨が変形して治ると、痛みが残ったり、使うと痛みが出る。骨のかけら(骨片)が残ると痛みの原因になる。などです。

しかし、いろいろな患者さんを診て、骨折の変形が残っても、痛みを気にせずに、使っている方が多い→ほとんど です。痛みを訴える方が診察で心に残る?ので、上のような考えになるのです。

今の結論は、

手関節 手、指の外傷は、骨折の形がレントゲン上、元のようによい形に戻るのではなく、

手関節、指の動きが、元のように動くように戻る方が大事です。

 

少しぐらい、骨のかけらが残っていても、問題ないのだ。

レントゲンができたのは、100年ぐらい前

それ以前は、骨折という診断はありません。

それでも、使えなくなった、歩けなくなったという人は、少ない。

少しぐらいずれて骨がついても何とかなる ということです。

 

 

あまり問題のない

手が痺れる(しびれる)の話

 

常に痺れるのではなく、あるときだけに痺れる は、基本的に悪いものではありませんので心配なく!

 

朝だけ手が痺れる 

 

中年以降の女性がときどき訴えてこられます。

通常、片側だけです。

心配する痺れではありません。

寝ている間に、神経や、血管が、肋骨と鎖骨の間で圧迫されたり、上腕部で圧迫されたりするため起こります。軽い、胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)、頚肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)の症状です。

更年期でホルモンのバランスが悪くなっていると出やすくなります。

ストレスや、緊張、過労が、腕や、首にかかっている状態ですと、出やすくなります。

首周囲や腕に筋力がない。力がない方が起こりやすくなります。

 

→ストレス、緊張(同じ姿勢でパソコンを打つなど)を避けましょう。

 

肩が下になっている(横向きに寝ている)と圧迫されて痺れが起こる

肘が体より下になっている位置(普通に仰向けに寝て、肘が布団についていると、体幹部より下の位置になります。)だと痺れが起こる

肩が上になっていると、痺れるがおこる など人によっていろいろです。

 

仰向けに寝る時は、肘下に枕を入れて肘が布団につかないようにします。この姿勢ですと、肩周囲の緊張も緩みます。

 

重いものを持つと痺れる

 

下垂肩症候群(かすいかたしょうこうぐん) の可能性があります。

重いものを持つと、腕が下に引っ張られて首から出た部分の神経が下に引っ張られて、痺れが出ます。

体型は、なで肩の方が多いです。したがって、女性に多いです。

パソコンをしていると痺れてくる

も、この障害の可能性が高いです。

持続時間を短くして、肩をほぐす体操をする、歩き回る で、血行を改善しましょう。

パソコンを打つ時は、肘の下に枕を入れて、肩周囲を緩めると同時に、肘が下に落ちないようにしましょう。

 

つり革につかまっていると痺れる、携帯電話を腕で持ったまま、話していると痺れる

 

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん) の可能性があります。

この腕の位置で、鎖骨と、肋骨の間で、神経と血管が圧迫されて、痺れが出ます。

 

また、痺れの原因部位がはっきりしないこともあります。

これも含めて、今まで述べてきた症状は、ひとつの病名にまとめると、

頚肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん) といいます。

 

持続的な痺れでない時は、脳の障害ではありません。

持続的でも、片側の手の痺れだけの時も、まず脳の障害ではありません。

 

これらはすべて、まず、手術になるような病気ではありませんので、安心してください。

これらのいずれも、改善には、筋力アップが重要です。

お薦めの筋トレを紹介します。
いずれも、肩甲骨の動きを改善します。肩甲骨の動きが悪くなることが、頚肩腕症候群をはじめ、肩こり、五十肩などの症状を悪化させると考えています。






| 本に載っていない話 | 07:53 | - | - | - | - |
本に載っていない整形外科の話
 

肩も肘も手も変形性関節症になる

 

607080歳になって五十肩

 

 寿命が延びているので607080歳になって、五十肩=肩関節痛になった

という方も多い と思います。

しかし、実際は、

肩の変形性関節症がベースにある。

+肩の腱板が加齢とともに自然に損傷されてきている。

ということが起こっている場合 が多いのです。

レントゲンでは図のような変化がでます。

 

五十肩は、

 原因もなく、炎症が起こって、痛いので動かさないでいると動かなくなる=凍結肩

という経過です。

レントゲンでは異常がほとんど出ません。

 

同じ場所が痛むので、症状も同じで、区別つかないことも多いのです。

治療も五十肩と同じです。

 

 

テニスもしていないのにテニス肘

 

テニス肘は、

掌(てのひら)を前に向けて、ちょうど肘の外側の部分に痛みがでます。

この部分には、手関節や、指を手の甲側に曲げたり伸ばしたりする筋肉や、雑巾を絞る時に手を回す=腕をねじる ための筋肉が付いていますので、手首を動かすと、肘に響きます。

 

肘はなかなかレントゲンでは変化が見られません。つまり、レントゲンでは 異常なし が多いです。

それでも、変形性関節症が始まっている ことがあります。

加齢で、肘の周りも潤滑機構がうまく働かなくなります。機械でいう、油切れになり、

痛みが出るときは、外側からが多いのです。

ひどくなると、肘を曲げると痛みが出てきて、肘全体に炎症が及んでいることがわかります。

 

テニス肘は、肘の外側 野球肘は肘の内側が痛くなる

 

野球肘は、野球をする少年に診られます。肘の内側に痛みが出ることが多い です。

痛いのに我慢して、投げ続けると、軟骨が傷んできて、骨が傷んできて、野球生命?(野球を続けられる年月)が短くなります。

痛み始めぐらいでは、レントゲンでは異常が出ません。

この時期に痛みが続かないように、投げ方を工夫する。(体の軸が傾かないように投げる、変化球を無理に投げないなど)投げる球数を制限する。などが必要です。

レントゲンで変化が出てしまってからでは遅いのです。

 

野球をしていないのに、肘の内側が痛くなったら

 

年を取ってからなる時は、加齢による=油切れ です。

変形性関節症になっているかもしれません。

症状が進むと、曲げると痛みが出る と話しましたが、伸ばす方も制限されてきます。

→まっすぐ腕が伸びなくなるのも特徴です。

→変形性肘関節症の経過が長いと、肘がまっすぐ伸びなくなります。肘の曲がりも悪くなります。ただし、肘はまっすぐ伸びなくても不便はありませんし、顔に手が届くように曲がれば充分です。

 

幼児が、たいした怪我もしていないのに、急に痛がって腕をだらんとたらしたまま使わなくなる。

 

腕を急に引っ張った時に、おこしやすいです。親の見ていないところで、ひねったり、引っ張られても起こします。あくまでも、激しく転んだ、落ちた という、明らかな怪我がない時です。

肘の橈骨頭(とうこつとう)の、輪状靭帯がずれて、痛くて肘が曲がらなくなる、肘内障(ちゅうないしょう)です。肩が外れたのではありません。

1歳未満から6歳ぐらいまでなりますが、大きくなると、肘がかたくなって起こさなくなります。

起しやすい方、にくい方がいます。同じお子さんが、何度も繰り返すこともありますので、注意が必要です。

治療は整復方法があり、速やかに整復した方がよい のですが、

引っ掛かりが強く、何度施行しても、戻らないこともあります。

ただし、

肘内障(ちゅうないしょう)は放って置いても、4日ぐらいで戻ります。

(年齢が上だと、1週間ぐらいかかることもあります。)

着替えている時ひねって自然に戻ることもあります。

整復して戻らなくても、心配なさらないでください。

元にもどった後は、通常、固定などは要りません。

 

 

子供ではレントゲンでわからない肘の骨折 

 

前図の肘頭(ちゅうとう)と 橈骨頭(とうこつとう) は、小学生低学年ぐらいまでは、軟骨がほとんどで、レントゲンで写りませんので、損傷していても、わかりませんし、骨折とはなりません。

では、その部分の損傷の時は、

 

肘は、水や血液が溜まっていると、レントゲンでもわかる

 

レントゲンの肘を側面から撮影した時に、図のように、黒い影が見える時は、肘に水や、血液がたまっている時です。(レントゲンは、ネガフィルムのように硬い方(骨の方)が、白く写ります。通常は、水や血液はレントゲンでは写りません。)関節内の脂肪のかたまりが溜まった水で関節の上部に押されて黒く写ります。

 

このような時は、レントゲンではわからない骨折があったり、肘の靭帯の損傷がひどいため、関節の中に血液が溜まってきているのです。

 

この所見と、診察症状で、レントゲンで骨折がわからなくても、必要なら、ギブス固定します。

 

逆に肘で子供に多い骨折

 

肘の外側(外上顆)は、骨の成長線があるため、そこで、骨折しやすい。

ずれたまま、骨がつくと、肘が変形するので、手術してもとの位置にもどして鋼線で固定する。ことが多くなります。

 

その 顆(か)の上部で骨折を起こすことも多く、骨の端同士が、まったくかみ合っていない時は、手術して鋼線で止めます。

ある程度かみ合っている時は、骨がつく(子供ですので、2~3週間)まで、腕を上方に引っ張っておきます。→入院安静となります。

角度が違ってついても、子供ですと、修復能力が大きく、年月をかければ、元の形に戻ってきます。

ずれがない時は、ギブス固定で癒合を待ちます。

 

肘は動かなくなると 動くようになるのに時間がかかる。

 

肩、膝 手指関節すべて同じです。

骨折して、骨がつくまでギプスなどでしっかり固定して待っていると、固定していた関節が動かなくなります。特に関節周囲の骨折で、関節の中に血液、水が溜まると、関節の中の組織がくっついて、動きが悪くなります。

★動かなくなった時困るのは、大きな動きを必要とする関節です。足関節などあまり大きな動きがない関節は目立たないだけです。

 

ギプスなどで固定していても、中で少しぐらい関節が動いても構いません。

骨折は少しぐらい動いていてもつきます。(前にも述べました。)

少しぐらい動いていて、骨折がずれる時は、ずれないようにするには、固定をする手術が必要な骨折です。

あるいは、少しぐらいずれてついても、あまり問題なければ(少し形が変わっても普通に痛みもなく動く、使えれば)それでよいのです。

 

そのため、骨が動かないと考えられる時期になったら、早めに動かす運動を始めることがよい のです。

お子さんですと、怪我から3週間(場合により2週間)経ったら、遅くとも動かしだします。

充分骨がつくのを待っていると、肘が動かなくなり、

元の動きを取り戻すのに、23ヶ月かかります。

早く動くようにと、動きにくい関節を痛みをこらえさせて無理に強く動かすと、逆に動かなくなることもあります。

 


肘関節周辺の骨折の時は、上腕部から掌(てのひら)までの、ギプス固定をしますが、


手関節部分の前腕骨の骨折でも、前腕を回さないほうがよいときは、肘より上からのギプスの固定が必要になる。

 


前腕には 橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃくこつ)の2本の骨があります。

両方の骨が折れていると、掌(てのひら)を上に向けることが、痛くてできなくなります。→掌(てのひら)をうえにすることは、前腕を回すことになり、骨にねじれが加わって、骨のつきが悪くなります。

このような場合は、肘の上までギプス固定をすれば、前腕部分は回らなくなります。

=前腕の骨折では、掌を下に向けてギプス固定しますので、掌を上に向けようとすると、体をひねらないと向けません。

 


手関節の部分の前腕骨の骨折は、子供も多い。

 

手関節部分の前腕骨の骨折は、骨が弱くなっている骨粗鬆症のときによく見られる骨折のひとつです。→高齢の女性には多く診られます。

が、

実際は、お子さんが転んで手を着いたときにもよく診られます。

激しく転んで、無茶?をして、あるいは、手のつき方が悪くて起こします。だから男の子にも多いです。

 

お子さんの骨折は、完全な骨折でない時が多い。

 

完全でない骨折とは、

細い木の枝を手で折ろうとすると、ポキッ といって、折れるのですが、つながったままです。

このような骨折を起こします。(鎖骨でも多いです。)若木骨折(わかぎこっせつ)といいます。

さらに軽い時もあります。骨の表面(=骨皮質)がレントゲンで、出っ張って見えたり、逆にくぼんで見える段差があるときも、骨の損傷です。ひび としても見えません。ひび よりも軽い骨折です。(ひび、あるいは、それよりも軽くても、診断は 骨折 あるいは、不全骨折 となります。)

軽ければ、ギプスでの固定は、必要でないこともありますし、ギプスの当て木(=シーネ)を造って、風呂に入ったり、シップを貼りなおしたりするときは、はずしても構わない という固定をします。

一般に、ギプスシーネ固定は、掌(てのひら)側に当てますが、指の動きを妨げて、使いづらい手になるので、手の甲側に当てて、物をつかめるようにしておく固定で充分です。

固定期間は、2〜4週です。その間、はずして、あるいは固定したままでも動かしているわけですから、骨がついたときは、普通に使えていますので、それで治療は終了です。

 

お子さんでも、完全に骨折がずれてかみ合っていない時は、手術が必要です。

 

橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃくこつ)がともに骨折して、骨折部分がかみ合っていないと、麻酔してかみ合うようにもどします。(整復します。)整復しても、またもとのずれた位置に戻ってしまう時は、鋼線での固定が必要です。

橈骨(とうこつ)だけが、骨折部分がかみ合わないような骨折をしていて、尺骨(しゃくこつ)は全く損傷がないときは、麻酔してもどそうとしても、うまく戻すことができません。手術して、もどして鋼線で固定をします。

 

手関節部分の前腕骨の骨折で、指が動かなくなる人がいる

 

ギプス固定をしている間に、痛いからと、指を動かさないでじっとしている人

ギプス固定をしている間に、動かす練習をするように指示しても、怖くて動かせない人

ギプスをはずしてからでも全く同じです。

掌側にギプス固定をしている間は、完全に指を握ることはできませんので、はずして、指を充分に握るように指示しても、動かさないので、逆に動きが悪くなったりします。

→怪我の後、4〜8週間ぐらいで、動きが悪くなることもあります。

 

これは、中年から高齢の女性に多い印象です。

なる方、なりそうな方と、まったくならない方がいて、人によって決まっているようです。

指が動かなくなる方も、痛みの病気の一つ と考えています。

 

指が動かなくなったら、やはり、少しずつ動きをもどしてゆくしかありません。

ある日突然動くようになって、ぱっと治った人 は、診たことがありません。

うまく動くように改善しても、治るための期間は3〜6ヶ月はかかります。

 

指の動きに問題が起きない方では、

手関節部分の前腕骨の骨折は、高齢の女性では、レントゲン上落第点で治っても、痛みがあまり気にならないことが多い。

 

手術をしないと、変形したままで治る 骨折でも、手術を希望されない方が多々おります。

前図のような形で治ることが多いのですが、

そのような方でも、日常手を使うことに対して、ほとんど痛みもなく不自由を訴えません。

気になって痛みを訴える方は、痛みを気にする方 です が、

痛みを訴える方でも、日常の動作は、ほぼ行えているようです。

 

手関節の痛みは、尺骨の遠位端の軟骨が原因のことが多い。

 

怪我で骨折がないときに、この部分が損傷します。

怪我がなくても、自然に痛みが出ます。

掌(てのひら)を下に向けて手首を見て、尺骨の遠位端(小指側の骨)が手の甲に出っ張っている方は、痛みがでやすい傾向です。

掌を上に向けよるようにまわすと痛みがでます。

掌を上に向けて物を持つように力を入れると痛みがでます。

 

損傷がひどい時は、ギプス固定します。

炎症が治らない時は、ステロイド注射をします。

改善しない時は、手の専門家に関節鏡(関節の中を除く内視鏡)で見ながら、修復してもらう こともあります。

| 本に載っていない話 | 15:30 | - | - | - | - |
本に載っていない整形外科の話
 

肩関節の痛み

 

二の腕が痛いとき、実は肩関節の炎症のことが多い。

 

上腕部分の中央部分が痛い 時は、肩関節の炎症の可能性があります。

痛みが上腕部分に走る、

肩を支える三角筋が、上腕部分についているところにも炎症が及ぶ、

などの可能性です。

 

五十肩で動かなくなる方は痛みの病気?

 

年とともに自然に痛みが出るのが、四十肩、五十肩です。

肩の周囲に炎症が起こって、そのまま放置すると、組織がくっついて、動かなくなり、肩の動きが悪くなります。この動きが悪くなった肩を凍結肩(とうけつかた)といいます。その後、月日がかかりますが、自然にまた動くようになります。

これが、五十肩の自然経過です。

果たして、皆がそうなるのでしょうか?

私は、

痛みの感じ方が強い方は、痛いので、動かさないでいる。

痛みの感じ方が弱い方は、痛くても、動かしている。

と考えます。

組織がくっついて動かなくなる時期(2週間ぐらいの間)があると考えますが、

その時に動かさないでイルと、そのままくっついてしまう

のです。

2週間ぐらいというのは、2週間前に診察したときに肩が動いていた方が、そのまま放置して、2週間後に再び診察した時には、動かなくなっていた。

という例をしばしば診たからです。

 

つまり、

凍結肩になる方は、痛みの病気になりやすい、あるいは、なっている。

 という考えです。

 

痛みの病気→痛みに敏感になっている肩関節の症状は?

 

診察で動かした時に、やたらに痛い

 

一定方向に動かした時だけ痛い

ある角度にすると痛い

 のではなく、

ほぼ、いろいろな方向に動かすと強い痛みがでる

のです。

動かすと痛いのですから、動かさないでいますので、くっついて動かなくなります。

 

寝ている時に痛み=夜間痛 がつらい

 

夜間痛が出るのが、肩関節の痛みの特徴です。

痛い方が下になっていると痛みが出る。

寝ぼけて痛い方向に動かしたので痛い。

動かさないでじっとしているので、血流が悪くなって、痛みを起こす物質が滞るので痛い。

などですが、

特に、痛くて眠れない。

痛くて目が覚める。

など、

痛いことを強く主張する方です。

 

動かさなくても、ズキズキ と痛い。

 

動かさない時は、あまり痛くない。

昼間はあまり痛くない。

のが特徴です。 

 

痛みが肩関節に留まらず、首の横や、肘から手まで広がる。

 

肩関節の炎症では、上腕(二の腕)の方に痛みを感じる、肩の後ろのほうに痛みを感じる、肩甲骨に痛みを感じる、などの症状が出ます。

それ以上の広い範囲に、肘まで痛い、手まで痛い、首の横まで痛い という時は、痛みに敏感になっています。

訴える範囲が広いので、痛む場所を聞いただけでは、どこが痛みの原因かわからない感じです。が、診察をすると、肩関節の炎症であることがわかります。

 

動かなくならないように動かせば、早く治る?

 

動きが悪くならなければ、早く治ります。

しかし、動かなくならないように動かすことは実は難しいのです。

動かして強い痛みが出るときに、無理に痛いのを我慢して動かすと、逆に痛みが増して、ますます動かなくなります。

そのため、動かして、ある程度の痛みが我慢できるところまでしか、動かすことが出来ません。

 

動かした時に出る痛みを抑える方法

 

肩関節周囲に、ヒアルロン酸、副腎皮質ホルモン(ステロイド)剤を注射すると、動かした時の痛みが減る可能性が高いです。

肩関節周囲の痛みが出る部位は決まっていますので、レントゲン透視で見ながらその部位に注射すると効果が高くなります。

腱板の炎症や損傷があるときは、原因部位を、エコーで確認しながら注射すると、さらに効果が挙がります。

 

肩の注射が怖くて受けられない方は、ノイロトロピンの静脈注射が次に効果が高いです。

 

痛み止めや、ノイロトロピン、漢方薬の飲み薬の効果は、3番目と考えます。

 

そして、

動かした時に痛みがでにくくなれば、少し力を入れて?少し無理に?動かすことが出来ますので、治りは早くなります。

 

治る次の段階は、

動かした時に痛みがでなくなる。

 

痛みがでないのは、

動かせる範囲内でのことです。

動かない部分を無理に動かそうとすると、痛みはでます。

この場合も、

動かせない範囲を無理に動かしていると、逆に痛みが増して、動きが悪くなることがあります。

無理に動きを改善しようとして、麻酔をして思い切り動かしても、麻酔が切れると、また痛くて動かなくなってしまうのです。

少しずつ、動きを改善するしかないのが、現状です。

動きが非常に悪くなっていると、1〜2年以上かかってしまうことがあります。

 

さらに、治る前には、無理に動かしても痛みがでなくなる

 

多少無理に動かしても痛みがでなくなりますので、動きがどんどんよくなります。

この状態に早く持ってゆくことが治療目標です。

そのため、注射の治療を行うのです。

 

元の動き、正常な肩と同じに動くようにする という希望なら時間がかかる

 

床に仰向けに寝て、万歳して、こぶしが床に付くまで腕を挙げられて、なおかつ、悪くない方と同じに ということです。

ここまでの肩の動きは日常に必要がありません。

上の物がある程度取れれば、それ以上の動きは必要ないのです。

必要のない動きは、普段動かしませんので、なかなか改善しません。

 

注射ですぐによくなるときは、五十肩でない。

 

肩腱板に石灰がたまっている時は、激痛がきて、急に肩が動かなくなることがあります。

石灰には、カルシウムが含まれていますので、レントゲンで写りますので、わかりますが、何も写らない時も、同じような症状が出ることがあります。

 

石灰が溜まる原因はわかっていません。

が、

カルシウム不足で、骨からカルシウムが出やすい状態になっている。可能性があります。

血液中のカルシウムは、生命維持に欠かせません。骨は体の中のカルシウムをほとんど溜めている所ですから、不足して、血液中の濃度が減ると、カルシウムが骨から出るようになります。

カルシウムを取らない方がよい ではありません。

 

石灰が溜まっている=激痛がくるわけではありません。

痛みがほとんどないことも多いのです。

軽くひねったり、使いすぎて負荷がかかった後などに激痛がくることが診られます。

 

石灰が溜まっている部分に副腎皮質ホルモン(ステロイド)麻酔剤を注射すると、劇的に痛みが改善します。

石灰が溜まっている部分に正確に当たれば、改善します。

五十肩は、注射しても、ぱっと痛みがなくならないのが特徴です。

 

動かした瞬間に、ある角度に動かした時にだけ痛みが出るときは、腱板が悪くなっている可能性あり

 

腕を伸ばした時、

腕を外側に動かした時、

腕を挙げて降ろす時、

だけに痛みが出るときなどは、

腱板が損傷している可能性があります。

 

腱板の軽い損傷は、五十肩の症状と区別できないことがある。

 

ですが、安心してください。この場合の治療は変わりません。

炎症部位や、損傷部位に、ヒアルロン酸、副腎皮質ホルモンを注射する。

と効果が出ます。

 

腱板に大きな断裂が起こると、上肢が挙がらない。

 

怪我をして、腕が挙がらなくなった時、レントゲンで骨の損傷(骨折)がないときに、腱板の断裂が生じている可能性があります。

中高年になりますと、普通に使っていて、自然に起きることもあります。

小さな断裂ですと、修復して、2〜4週間で、また腕が挙がるようになりますが、

大きな断裂ですと、2、3ヶ月経っても挙がるようになりません。

ただ、肩甲骨の動きで、90度(水平の位置)に近いぐらいまでは挙げられます。

よく腕を使う方は、手術を薦めますが、

高齢で、あまり腕を使わない方は、日常にさほど困らないようです。

 

 

肩の脱臼は、もどすことにコツがイル

 

俗に言う

肩が外れることです。 

肩関節は、骨で覆われていないで、靭帯、腱などで支えられていますので、動きも大きいため、

脱臼の中では、多いのですが、

それでも、経験する機会はさほど多くありません。

もどすのにコツがいるため、

局部の麻酔をかけて行っても、(全身麻酔すると簡単に戻ります。)

なかなか戻らないこともあります。(私もこの仲間です。)

逆にこつをつかんでいる先生(柔道整復師=接骨医の方も)なら、麻酔しなくても、簡単に?もどすことができます。

 

 

肩の脱臼が癖になると、手術以外の有効な方法がない

肩関節脱臼が習慣性になる方は、外れやすい肩の構造になっている?

 

肩関節は、骨の部分の支えが小さいとお話しましたが、ちょうど受け皿のようになっていますので、この受け皿が、上腕骨の骨頭部分に比べて小さい方は、外れやすくなります。

何回も外れるようになりますと、関節を包む靭帯や袋(関節包=かんせつほう)が大きくなってしまって、外れる通り道が出来てしまいます。その袋を縫い縮めるか、外れないように、骨のブロックを置いて、外れることを防ぐ手術が必要になるのです。

こうならないためには、

癖にならないようにすることが一番です。

初めて脱臼された時は、2週間ぐらいあまり動かさない方がよい です。

動かさないでイルと、次の項目のように、肩が動きにくくなりますが、

動きにくい=肩の関節を包む袋(関節包=かんせつほう)がくっついて、逆に小さくなっていることですから、元の様の動くためには時間がかかりますが、脱臼はしにくくなると考えます。

 

肩の部分の上腕骨の大きく骨折をすると、元の動きにもどすのは、時間がかかる。

 

この場合の大きく骨折するとは、腱板がついている部分の小さい範囲の骨折ではなく、ぽっきり折れたり、複雑に折れたりすることを言います。

骨がつくまで、動かさないで固定していますと、肩関節はくっついてしまって、動かなくなってしまいます。

そこで、骨がつく前(早ければ、受傷後1週間前ぐらいからです。)から、体を前屈させて、腕をぶらぶらさせて動かします。肩が固くならないように、軟らかくしておきます。受傷4週以降の骨がついてから、本格的にどんどん動かしてもらいます。

この骨がつき始めてしっかりつく受傷後48週間の時期も大事で、この時期に動かす練習がうまく出来なくても、動きが悪くなって、元のようにもどすには、何ヶ月もかかってしまいます。

→この骨がしっかりしてついてゆく時期に、組織がくっついてしまう印象です。

=この時期の自分自身の練習、動かそうとする努力が重要なのですが、

強い痛みを我慢して、無理に動かすと、逆に痛みが強くなって、動きが悪くなることがあります。

=動かして強い痛みを感じる方が、動きが悪くなる のです。

=痛みの感じ方が敏感な方=痛みの病気になりやすい、あるいは、なっている方

 が、動きが悪くなる のです。

 

では、痛みに敏感になっている肩の治療は?

 

五十肩と同じです。

 

ノイロトロピンが効く方が多いです。飲み薬よりは、静脈注射の方が効果は高くなります。

 

前述した、ヒアルロン酸、副腎皮質ホルモン(ステロイド)麻酔剤の注射も効く方が多いです。(痛みを抑える神経の働きが非常に悪いと、逆につらくなります。施行前には判断できません。)

 

痛みを抑える器械による治療は、トリオ治療が、超音波やレーザー光線治療(いずれもホームページ参照)より、優れている印象です。

 

関節運動学的アプローチに基づく動かす治療手技も効果がありますが、無理に動かすと悪化しますので、時間はかかります。

 

 

肩の部分の上腕骨骨折、鎖骨骨折は、ギプスをしない?

 

前述の話から、上腕骨の肩関節の部分の骨折は、骨がつく前から動かす練習をしていても、骨はつく。ということになります。

そのため、肩関節を固定するような、ギプスは必要ありません。

三角巾で腕をつるして、体と一緒に弾性包帯で固定するだけでも充分です。

これは鎖骨骨折も同じで、鎖骨を押さえるバンドタイプの装具や、8の字に弾性包帯で固定するだけで充分です。

痛みが強い時は、

固定するギプス方法はあります。

胸部を覆うように、腕つきのチョッキのようなギプスを巻かないと固定になりません。固定しますと、夏など熱くて、とてもうっとうしいのです。

 

話を進めます。

強力な固定をしなくても、骨はついてくる。

ということです。

 

ギプスで固定しても、ギプスのなかで少し骨は動きます。完璧に動かない固定はしなくても骨はつくのです。

手術で固定することは、強力な固定になり、骨折部は動かなくなります。

(手術しても、動きが残ってしまった時は、逆に骨折はつかなくなります。手術することで、骨折部の治す力のある組織を傷めてしまうからです。)

 

鎖骨骨折は、手術しないで治る が、とても月日がかかることもある。

 

鎖骨骨折は、かなり“ずれ”=転位 があっても、骨がつきます。

ただし、その隙間が新しい骨でしっかり埋まるまでかかりますので、

3ヶ月以上かかる可能性が出てきます。

1、高校1年ぐらいの女の子で、骨がしっかりつくまで、10ヶ月ぐらいかかりました。

 中央部で2つに骨折して、少し転位(ずれ)がある形でしたが、レントゲン上、新しい骨がなかなか見えず、骨がつくまで、1年弱かかりました。

2、 50代の男性 鎖骨の肩側の端(=遠位端)の骨折で、骨折がつくまで、3年かかりました。

 

 

骨がついても、また同じ様に怪我をすると、再び骨折することもあります。

 

図のように転位(ずれ)がある骨折は、その間を新しい骨が出来て癒合します。その後、次第にまっすぐになるように形が形成されます。

新しい骨が出来てきて、骨折が癒合して=骨がついて見えるのは、6〜8週ですが、

新しい骨がしっかりするには、3ヶ月は、かかるようで、

その間(受傷後、2〜3ヶ月)に、激しい運動をしたりして、また怪我をすると、骨折部がまたずれて痛むことがあります。

 

以上を考えると、確実に治すには、手術の方がよいのでは?

 

手術がうまくいけば、結果がよければ、手術により、元の形に戻りますし、なかなか骨がつかない、ということにはなりません。ただし、骨がついてから、(手術後、半年から1年後に、)とめてある金具をとる手術をもう一度行う必要があります。

 

ところが、手術中にうまくもとの形にもどせずに、あるいは、うまく固定できない状態が長引く(手術時間がかかる)と、骨がつく能力のある骨の周囲の組織を傷めてしまい、固定力も弱くなり、かえって、骨はつかなくなります。その上、細菌に感染する可能性もでてきます。

→結果不良となります。

 

このリスクを考えると、手術しないでそのままつくのを待つことを薦める医師が多くなっている現状と考えます。

| 本に載っていない話 | 13:52 | - | - | - | - |
本に載っていない整形外科の話
 

交通事故後 などの 長引く首の痛み

 

追突された時、首が振られて、首の痛みが出る ムチウチ症

診断名は 頚椎捻挫 となります。

 

今回は、頚椎捻挫 に対する 私の考え の話です。

交通事故で起こるとは限りません。

仕事中の怪我(労働者災害保険=労災 扱いになります。)でも、スポーツでも起こります。

頭の前の部分を打った時も、首が振られて、起こします。

原因に、相手からやられた という時に、長引くことが多くなります。

 

 

最初に振られて障害があっても、次第に改善するのが、外傷の自然経過です。

 

したがって、最初少し痛かったが、次の日は大丈夫になった というのが通常です。

 

後から痛みが出るのは、痛みの病気 になっている という考え。

 

振られた時に、少し首が痛くなっていたのだが、たいしたことがないので様子をみていた。しかし、次の日につらくなった、あるいは、日ごとにつらくなった ので、来院した。

仕事の緊張やストレスなどで、このようなことも起こりえるので、

これは自然の経過のひとつ とも考えます。が、

軽くても、すでに、痛みがコントロールできない状態 になっています。

ましてや、最初はなんでもなかったのに、

次の日に、あるいは3日後に痛くなった、

最初は首だけだったのに、腰も痛くなってきた、

最初は首だけの痛みだったのに、腕まで痛くなってきた、

などは、痛みの病気になっています

 

痛みがコントロールできない状態になると、

以前から悪いところ、弱くなっているところに痛みが出てきます。

 

事故以前に痛みがなくても、弱くなっているところに痛みが出てきます。

肩関節が悪い方は、肩痛が、

腰が悪い方は、腰痛がでてきます。

 

痛みがコントロールできない状態になると、

なかなか痛みが楽になりません。

 

この治療をするとぱっと痛みが取れる

という治療方法は、今のところ見つけられない状況です。

週2,3回来院していただいて、ある程度時間かけて治療しています。

 

後から痛みが出るから診てもらった方がよい

という言葉を信じないこと

 

後から とは、せいぜい1〜2週間以内のことです。それ以降は、ましてや1年後などは 全く関係ない と考えます。

 

最初の事故の一撃で、痛みが出ていなければ、

たいしたことは、なかったのです。よかった と思ってください。

後から痛みが出るのではないかと思うと、ほんとうに痛みが出てきてしまいます。

もちろん、痛みも他の症状もないのなら、病院で診てもらう必要はないのです。

人身事故ではないのです。

 

後から痛みが出る障害 を認めていない もある

 

その国の国民は、後から痛みが出る状態になる ということを考えに入れない そのようなことは、事故ではない と考えているのです。

 

日本では、事故後に起こった痛みを 治療することが出来ます。

が、

治療期間の制限があります。

 

支払いは、健康保険の医療費を支払う健康保険組合ではなく、自身や、相手が個人的に支払いをしている生命保険会社です。営利目的の会社ですから、

頚椎捻挫で、何ヶ月も治療することはおかしい とみなされます。

事故の程度に比べて、痛みが長引いて、なかなか終了しないと、医療現場のほうに問い合わせがきます。これが、対応に時間がかかり、混雑している外来では、はなはだ迷惑な話です。

 

そこで、最近の私考えは、

 

 

ある程度の痛みは治療を止めれば改善する

 

振り向いた時に痛い

上を向くと痛い

疲れると痛い

天気によって痛みが出る

痛み自体はさほどつらくない

 

などぐらいの痛みのときは、

治療を止めれば治る と考えています。

交通事故で治療しているので、治らない と考えます。

 

苦にならない軽い痛みは治療しない方がよい

 

放って置けば治る と考えます。

 

長引く方は、痛みに弱い方が多い。

 

注射が怖くて受けられない 方も診られます。

注射針に対して、刺されると痛い という恐怖感があり、このような方は、痛みに敏感になっていることが多いのです。

神経ブロックにしても、静脈注射にしても、痛みを抑える手段としては、有効な場合が多いのです。

受けられない治療がある方 は、治す手段が減る ことになります。 →うまく治らないこともある と妥協してください。

 

事故で痛みが出た と事故のせいにしないこと

 

事故の前になかった痛みがあると、事故でこうなった

と考えますが、

こう思っていると、

治るものも治りません。

痛みは気にすれば、どんどん痛くなる→痛みを気にすると治らない

のです。

相手からこうされた と相手のせいにすることも同じです。

被害者意識 があると、治るものも治りません。

 

事故に遭わなくても、首が痛くなることは ほとんどの方が経験することです。

事故でなくても、痛みが出る と思ってください。

 

事故での治療を止めて、事故のことはさっさと片をつけて、忘れることが 大事と考えます。

 

痛みがあるからといって、仕事をしない のは避けましょう!

 

つらい痛みがあるときは休まざるを得ませんが、

ある程度楽になったら、

仕事を再開してください。

痛みで長期仕事を休むことは認められないことが多いのです。

 

仕事を休むことは、トラブルの原因になる

 

生命保険会社が、事故にあった方の 治療費以外の保障も支払うようです。

私自身、人身事故の当事者になっていないので不確かです。

診断書に記載された治療期間 以上の長期休業は、認められないことがあります。

 

トラブル があると 症状は改善しません。

 

長引いている方は、痛みの病気になっていますので、精神的な苦痛、いらいら、過労、緊張は、改善を妨げるどころか、悪化させることもあります。

したがって、

仕事が、緊張やイライラの原因になり、痛みを長引かせることがあります。

が、

休むことは薦めません。

 

 

トラブルにならないように 治療を受けること

 

あなたの医療費は、生命保険会社が支払います。

生命保険会社の意向を無視して治療することは困難です。

( 健康保険でも、治療がおかしい と判断されると、認められずに、すぐに医療費から削られます。)

生命保険会社に対して、保険料を払っているから という 上に立つ考え は止めましょう。

健康保険でも、自身で保険料は支払っています。その上、医療を受けると、負担金があるのです。

交通事故の場合は、医療を受けても、負担金がない分、まだまし と思ってください。 

 

後遺症は期待しないこと

 

後遺症は、何故か、受傷後、6ヶ月経っていないと書けない

という 生命保険会社のおかしな決まりがあります。

後遺症は、痛いだけ、痛くて動かない、痛くて、仕事や日常のいろいろなことが出来ない

だけですと、認められません。

痛みからくるいろいろな訴えは、測定できないからです。

本人が訴えていることだけなので、本当かどうか 確定できないからです。

 

交通事故で治療を止めても、残った症状を健康保険で治療できます。

 

治療が長引いている方は、痛みの病気になっている ことがほとんどですので、

改善があまりないときは、

交通事故での治療をとっとと止めて、交通事故のことは片付けて、

一般の病気として治療した方が治りはよくなります。

 

例えば、

肩の痛みが残ったとき

肩関節周囲炎になっていることがありますので、

その病気を改善する、ヒアルロン酸、副腎皮質ホルモン(ステロイド)注射をした方がよくなることもあります。

この注射は、一般疾患に用いるものですから、外傷後に行うことはおかしいのです。

特に 労災保険(仕事中に怪我をした時に使う保険です。)で治療を行っている時は、認められません。

 

膝の痛みが残ったとき

変形性膝関節症の時に使う、ヒアルロン酸注射や、膝関節炎の時に使う 副腎皮質ホルモン(ステロイド)注射を行うと、改善することがあります。

こちらも、一般疾患で使う薬ですので、労災保険では認められません。

 

腰の痛みが残った時、

高齢の方では、骨粗鬆症が原因のことがあります。

骨粗鬆症の治療に使う薬を使います。

腰部脊柱管狭窄症 の症状になっていることがあります。

プロスタグランディンなどの薬を使います。

もちろんこれらの薬は、外傷に使うものではありませんので、

労災保険では認められません。

 

もう一度言います。

交通事故で治療しない ということは、

交通事故のことはさっさと片付けて 忘れる

という意味です。

 

したがって、

なかなか痛みが取れない状態な上、

治療にもきて下されなければ、例えば、2週間以上来院できない時は、

治る見込みが立ちませんので、

交通事故での治療は中止とさせていただいています。

また、治療を長期に続けていても、ほとんど改善ないときは、保険会社や、調査会社から、いつまでかかるのですか?の問い合わせがきます。

その時も、いつまでに治る という見込みが立ちませんので、

この場合も、交通事故での治療は中止とさせていただいています。

 

→交通事故のことは片付けて、一般疾患で治療すれは治る という考えだからです。

→中止ですから、治癒した(治った)とは違います。保険会社との相談次第では、他の病院で治療することは可能と考えます。

 

 

治療の話を補足します。

 

神経ブロックは効くとは限らない

 

神経ブロックとは、

神経の周囲に麻酔剤を注射して、痛みを遮断します。

注射の刺激で、痛みを抑える神経の作用を高めます。

自律神経を調節して、血流を改善します。

 

受傷直後で

痛みが強く、つらい状況の時

めまい、動悸、頭痛、吐き気 などの自律神経の調節障害 があるときは、

星状神経節ブロックが効果があります。

改善する方向に持ってゆくことが出来ます。

 

受傷後 痛みが強くなっている時は、

痛みがコントロールできない状態になっている=痛みの病気になっている 可能性が高く、

効果が不確かになります。

注射すると、痛みがつらくなることもあります。

 

痛みが長引いている時は、

痛みの出ている箇所 に打つ、トリガーポイント注射 が効果があることがあります。

つらい痛みの時は、星状神経節ブロックなどを打つこともありますが、効果は悪くなります。

 

痛みに敏感になっている時は、

ノイロトロピンの静脈注射が効果がある。

 

ノイロトロピンは、自律神経を調節して、痛みを抑える神経の機能を高めます。

人によって、効果の差はありますが、痛みに敏感になっている=痛みの病気になっている時には、皆様に薦めています。ただし、受傷してから、時間が経っていると、効果が悪くなります。

 

ノイロトロピンで効果が悪い時は、リリカという薬を飲むと効果があることがある。

リリカは、ノイロトロピンと違って、痛みを伝える神経の機能を直接抑える作用があります。痛みに敏感になっている と診断した初期に投与すると効果が出ます。

 

大きく振られた時の捻挫は、点滴を薦めています。

 

振られ方が強いと、自律神経の調節障害の症状や、脳脊髄液が、硬膜の外に漏れて、脳脊髄圧が下がる低脊髄圧症候群(ていせきずいあつしょうこうぐん)という状態になることがまれにあります。しばらくの時間立っていると、はげしい頭痛が起こる病気です。

受傷後初期に、点滴を行って、安静にすることが重要と考えます。

 

結論

 

事故のあって、症状がないのなら、

よかった、体にはたいしたことがなくて

と思いましょう。

症状が出た時は、待たずに、速やかに病院への受診を薦めます。が、

症状がないときは、大丈夫です。

無理に、病院にかかる必要はありません。

 

首の捻挫で治療が長引いている方に対して、速やかに改善出来る有効な治療方法がないことは、私自身の力不足とも感じている部分です。

今後の課題として、治療方法を探している段階 とお許しください。

 

| 本に載っていない話 | 17:19 | - | - | - | - |
本に載っていない整形外科の話
 

首が痛い4

 

話をもどします。

前々回の治療の話の続きから

 

いろいろな治療をしても、なかなかよくならない方がいる

人によって治療の反応が違う

→すべての痛みに効く、ひとつの治療方法はない

 

整形外科の治療では治らない方がいる

だから、カイロ、整体、鍼灸など、いろいろ民間治療があるのだ。

 

首が痛い、腰が痛い、などのとき、整形外科を受診する ということ知らずに、真っ先に、整体や、接骨院 (接骨医は、医師ではなく、柔道整復師です) で治療する方も多いと考えますが、

整形外科で治療してもよくならないので、他の治療を受ける方も多い とも考えます。

あるいは、整形外科で悪い病気か、骨折があるかないか 診断してもらって,大丈夫なら、接骨医で治療するという方もいます。

 

接骨医の歴史を簡単にまとめますと、

江戸時代に、柔術の師が、外傷の治療を行っていました。

明治時代に柔術が柔道というスポーツになって確立してから、柔道を行うものが、柔道を教えるだけでは食べていけないので、以前の柔術師と同じように、外傷の治療も出来るように、柔道整復師として、国家資格が確立されました。

 

一方、整形外科は、20世紀になってから本格的に確立された西洋医学で、その考えや、標榜科目が、全国にどんどん普及したのは、1970年代になってからで、まだ新しいのです。

例えば、私の祖母は、1960年代中ごろに交通事故で膝を骨折して、近くの外科の病院で治療して、膝がよく動かなくなりましたが、また歩けるようになりました。次に60年代の後半に転倒して、同じ側の大腿骨頚部内側骨折を起こして、前回歩ける様になったので、また外科で治療して、今度は寝たきりになってしまいました。

頚部骨折の内側型は、最初から人工骨頭置換手術をして速やかに歩く練習をしなければ、寝たきりになる という整形外科では当たり前の考えが普及してなかったのです。後からこの手術を行いましたが、すでに時遅く、歩けるようになりませんでした。

 

このような歴史的背景があり、柔道整復師の力が強く、信頼もしている方も多く、民間での治療は、まだまだ必要と考えています。

 

前回の話は

痛みの病気 になっている 

でした。

 

次は、

未病の話  です。

 

未病とは、病気と診断できない病気のことです。

痛みの病気になっている とはまた違う考えと思ってください。

 

日本の漢方では、病気としてではなく、その個人個人の体の状態を診ます。その体の状態が正常でないときは、薬の治療を行います。

通常いろいろな症状を訴えますが、そのうち西洋医学の診断検査では、病気として異常が出ない状態があります。例えば、身体がだるい、疲れる、肩が凝る、背中が張る などです。

これらの状態を病気になる前の状態、未病といいます。

 

上腹部(=みぞおち)の張りと肩こり、背部痛

 

首の周囲で痛みがある未病 というと、これです。

 

実際には、逆流性食道炎や、胃炎のときにも、この症状は出るようです。

逆流性食道炎の方が、この病気で肩が痛くなる ということをご存知ですか?と聞かれたことがあります。肩というので、肩関節をイメージして、聞いたことがないと思いましたが、よくよく尋ねると、肩こりの部分、つまり、首の左右下の部分の痛みが来る ということです。これなら、上の状態です。

 

同じく、軽い胃炎などを起こしても出るのですが、異常が出ない時もあります。

 

胃カメラや、胃の透視を受けるとわかります。血液検査は異常が出ません。

みぞおちを押すと、痛みが出る。硬くなっている。などの所見があります。

首の部分より、肩甲骨の内側から、背中が痛くなる方が多いです。

 

もちろん、過度のスポーツや、怪我がないことが前提です。

 

体を回したり、側屈したりなど、動かすと痛みが出ることも多く、診察で所見がありますが、レントゲンでは通常、異常が出ませんので、背部筋筋膜炎(はいぶきんきんまくえん) の診断になります。

寝返りで痛みが出るときは、骨粗鬆症で痛みが出ている可能性もあります。レントゲンで圧迫骨折がわかれば確定ですが、はっきりしないこともあります。

 

痛みの病気になっているわけではありませんので、

痛み止めを、胃薬と一緒に飲む、と効果があります。

胃が悪くて、痛み止めが飲めない場合は、漢方薬が効きます。

超音波治療などの消炎鎮痛処置が効きます。

 

ただし、長く続いていると、痛みの病気となりますので、注意は必要!

緊張、ストレス、疲労、イライラなどの影響で悪化している可能性が高く、

避けることが望ましい状態です。

胃炎や、胃潰瘍も同じですね。

 

 

更年期障害と肩こり、首の痛み

 

婦人科の診断で、女性ホルモンの量が低下しているときには、更年期障害と診断できますが、そうでないと、

これも未病のひとつです。

 

脳幹部の副交感神経が機能低下している状態と同じと考えています。

めまい、吐き気、動悸、いらいら、のぼせ、冷え などの症状を伴うこともあります。

副交感神経の機能が落ちると、交感神経の機能が強く表れます(前前回述べました)ので、痛みには敏感になり、あちこち痛みが出てくる方がいます。

 

婦人科の更年期に使う三大漢方のうち、痛みに対しては、加味逍遥散(かみしょうようさんが効くことがありますが、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、効果が余りありません。

気のほう、特に気が頭の方に上昇する気逆を調節する桂枝人参湯(けいしにんじんとう)、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)などの漢方薬が効くことがあります。

 

更年期障害に効く、メルスモンという、プラセンタの注射も効果があります。

ただし、特定生物由来製剤 に指定されていて、使った製剤の番号と名前を控えておかなければなりません。

この薬、人の胎盤からの抽出液でつくられています。加熱処理をしていますので、ウイルスなどの感染は起こさないはずなのですが、未知の感染症を起こす危険性がある とみなされ、使ったことを記録する必要があるのです。

このことが気になる方には、使用できません。

 

星状神経節のレーザー照射、つぼや、痛みが出ているポイントをいくつかレーザー照射する治療も効果があります。

よほどつらい痛みでない限り、星状神経節ブロックは施行していません。

 

こられの未病からの痛みも、我慢していると、痛みの病気になってしまい、

通常の治療では改善しなくなりますので、早めに痛みを抑えることが大事です。

 

 

次は、未病に入ると考えますが、病名をつけることもある病気です。

 

首のすぐ外の部分で痛みなどの症状が出る病気

 

(頚椎)の中で神経が圧迫されている病気は、

椎間板で圧迫される 椎間板ヘルニア、

脊柱管の中央に椎間板が飛び出れば、脊髄が圧迫され、左右に出れば、腕に行く神経根が圧迫されます。

頚椎の骨が出っ張って圧迫される 頚椎の変形による(変形性)頚椎症((へんけいせい)けいついしょう)、

脊柱管の中央に骨が出っ張れば、頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)、左右に出っ張れば、頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう) となります。

頚椎の後縦靭帯が骨のようになって肥厚して脊髄が圧迫される頚椎後縦靭帯骨化症(けいついこうじゅうじんたいこっかしょう)

など 

ですが、

 

首の外の部分で、腕に行く神経が刺激されても、症状が出ます。

腕が痺れるだけではなく、肩甲骨や、胸の前面にも痛みなどの症状が出ます。

 

鎖骨と、第1肋骨の間ではっきりと神経や、血管が圧迫されると、

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん) という病気になります。

電話機を耳元につけて持ち続ける腕の位置で、腕が痺れてきます。

 

重いものを持っていて、腕が下に引っ張られると、腕が痺れてくるときは、

肩が下に引っ張られると、首から腕に行く神経も引っ張られて、腕が痺れるのです。

下垂肩症候群(かすいかたしょうこうぐん) という病名がつくことがあります。

なで肩の方に診られます。

 

第7頚椎の横に飛び出る突起(横突起)の骨が長くても同じような症状が出ることがあり、頚肋(けいろく) と呼ばれます。

 

しかし、これらの特徴が診られない にもかかわらず、腕が痺れたり、痛みが出ることもあります。

自律神経の機能も乱れて、→更年期障害と同じように、副交感神経の機能が落ちて、

めまい、むかつき、などの症状を伴うこともあります。

これらを総称して頚肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)といいます。

が、はっきり病気である といえないことも多く、未病 にはいる と考えます。

 

つらい症状の方は、星状神経節ブロックが効果がありますが、

通常は、星状神経節を含めて、痛みが出ているポイントや、つぼを刺激するレーザー照射治療が効果が出ます。

血管を広げるプロスタグディン(注射のほうが効果あり)が効く方もいます。

自律神経を調節して、痛みを抑える神経の機能を高める ノイロトロピン(注射のほうが効果あり) も効果があります。

首、肩甲骨や、肩関節、上腕部の筋力が弱い方が多く、痛みがでないようにするには、これらの部分の筋力をつけることが一番大事です。

 

 

さらに、痛みの怖い?やっかいなお話です。

痛みが取れなくなる首の痛み

→痛みを(完全に)取ることが出来ません!

痛みを我慢し続けるとなる可能性があります。

体質的になる可能性の方がいると考えます。

 

 

痛みを感じているだけ

 

 

痛みの病気、原因2の方です。

診察して首を動かしても痛みが再現しません。

首が悪い方は、首をそらすと痛みが出る などの所見があります。

MRI検査をしても、椎間板ヘルニアなどの異常所見が出ません。

首のすぐ外の部分の神経の障害の所見もありません。

関節運動学的アプローチを基にした、手技で、椎間関節、第1肋椎関節からの痛みが再現されることがあります。

気を使う、緊張が連続する、肩が凝る職業を続けていることがあります。

 

うつ病、などの精神疾患のひとつの症状 とも考えられます。

精神的な症状 といえば、眠れない、気分がふさがる、外に出れない、やる気が出ない、急に怒り出す、幻覚を見る、自分が、わけの分からない状況になる、などいろいろありますが、その中で、痛みを強く感じる というだけの症状があってもおかしくはありません。

痛みを感じやすくなっている以外にも精神的な症状があって、すでに、抗不安薬(安定剤)、睡眠薬、抗うつ剤、向精神病薬を飲まれている方もいます。しかし、それらの薬は、脳で痛みを感じにくくさせる という強い作用はありません。

 

軽ければ、

痛み止め、筋肉の緊張を軽くする薬、痛みを抑える神経の力を増すノイロトロピン、筋肉の緊張を軽くして、痛みなどを気にしなくなるデパス などの飲み薬や、

超音波照射、レーザー照射、低周波電流刺激などの消炎鎮痛処置で効果があります。

 

長年続いていて、痛みをつらく感じていると、治療効果がなかなか出ません。

 

繊維筋痛症(せんいきんつうしょう) という病気

 

女性に多く診られます。

 

首肩中心の腕、腰へかけてのつらい痛みが続きます。

レントゲン、MRI検査で、椎間板ヘルニアなどの異常所見が出ません。

 

首や、肩甲骨周囲の圧痛(押して痛いポイント)が含まれますので、腰より下だけの痛みの方は含まれません。

原因がわかっていません。

この状態に陥ると、どんどん楽になる有効な治療方法がまだありません。

こつこつとその人に会う治療を探して行ってゆくと徐々に楽にはなります。

が、完全に痛みが取れる状態にはなりません。

日によってつらさが和らぐ、今日はつらい など変化が大きいため、よくなっている実感は、長期に徐々にです。

首、腕などを動かすと、痛みがつらく出て、痛みが悪化します。

通常の方は楽になる、動かしながら治す運動療法、体操療法、マッサージ、牽引などの治療を受けると悪化します。

痛みを抑える神経(前回の3)の機能がほとんど働いていないからです。

通常の方は楽になる、神経ブロック、低周波電流刺激、超音波照射、レーザー光線照射治療なども、刺激を受けて、痛みが悪化します。

痛みを感じる脳の機構にも異常があるようです。(前回の2)

うつ病や、向精神薬を使いますが、痛みを感じにくくすることはなかなか出来ないようです。

痛みを過剰に伝える神経の機能を抑える(前回の1) リリカという薬もあまり効果がありません。

 

今は、

治らないような痛みの病気の状態にならないように予防することが今は一番!!

と考えます。

 

痛みは気にして、痛い痛いと思っていると、どんどんつらくなります。

7.8、9歳のお子さんからすでに 診られます。

嫌な習い事があると、おなかが痛い といって休むお子さんはこの例です。

おなかが痛い と思っていると、どんどん痛くなってくるのです。

 

注射が怖くて受けられない 方は、要注意です。

痛みに対する恐怖が強いからです。

 

気にする性格 の方は、要注意と考えます。

痛みがなかなか治らない、痛みの病気に陥る 可能性が高くなります。

小さいことは気にするな!

気になることは、次の日には忘れるようにしましょう!

 

筋力がない方は、要注意と考えます。

筋力があれば、

体を支える力が強くなり、負荷に強くなります。自分の体に対して自信がつきます。

血流がよくなり、痛み物質も滞ることなくなります。

(消費カロリーが増えて太りにくくもなります。)

痛みの病気は、運動している方にも診られますが、

普段から適度に筋肉を鍛えるようにしましょう!

| 本に載っていない話 | 21:58 | - | - | - | - |
本に載っていない整形外科の話
 

痛みの話(+α)

 

悲観的な話の続きをします。

首の痛みとは限りません。痛みの診断と治療は難しいことがある。 と思ってくだされば、結構です。

前回述べた痛みを感じる仕組みの私の考え の続きの話です。

 

1の痛みの伝える神経が過剰に働く 

は、

外傷で、強い痛みが送り続けられる時、骨折してずれたまま形を戻していない時、脱臼してもどしていない時におこります。

椎間板ヘルニアなどでもおこります。

一言で言うと、強い痛みを我慢してしまった時、強い痛みにさらされていると、起こります。

手首の軽い骨折にもかかわらず、うめくような痛みがあって、手を押さえながら来院されるお子さん。

足首の捻挫であるにもかかわらず、痛くて足がつけないので、けんけんをするお子さん。

足の捻挫で、痛くて足がつけないので、歩けずに車椅子で移動している女性。

頚部痛で、来院できたにもかかわらず、待っていられなくなり、ベットで横になっている女性。

頚部痛で、診察で腕を動かす(炎症が強いと首は動かなくなります。)と痛みが強く出て、ほとんど腕を動かせない状態の女性。

腰痛で、仰向けに寝て(腰が動かないほどの腰痛では、仰向けに寝れません。)脚を動かした時だけ、強い痛みが出る男性。

 

これらは、重度の障害がないのに、それ以上の痛みが出ている状態です。

 

 

長く痛みが続いていて、我慢してしまった時

神経が痛みに長くさらされていると、痛みの原因がなくなっても、神経が痛みを伝え続ける という状態になります。

急に激痛がくる。が、しばらくすると治る。

焼けるような、チクチクする、ぴりぴりした感覚がある。

少し触っただけ、押しただけでつらい痛みが出る。

冷たい物や、熱い物に触ると痛みが出る。

痛みがある場所に痺れがある。

など、このような痛みの出方 になります。

 

椎間板ヘルニアがあまり大きくないのに、あるいは、検査で悪い原因部位がないのにもかかわらず、つらい痛みが続いている。

 

こちらも、障害部位の程度より、強い痛みが出ています。

 

 

3の痛みを抑える神経の機能が落ちる

は、

自律神経の機能が乱れているとき→交感神経の機能が副交感神経の機能より強い時 

です。

また、1の痛みを伝える神経が過剰に働いていると、同時に、この痛みを抑える神経の機能も低下している、あるいは、この機能が働いても痛みを抑えきれない と考えます。

 

治療で神経ブロック注射や、痛みが出ている部位に注射すると治るのではなく、逆に痛みがつらくなってしまった。

超音波照射する、あるいは、低周波の電流を流す治療を受けたら、逆につらくなってしまった。

このような反応になります。ただ、通常は、いつまでも痛みが続くのではなく、半日だけつらかった。3〜4日つらかった。などです。

 

 

今回の新しい話は、

 

2の脳で痛みを強く感じるとはどのような人か

 

今までの経験で、次のような方に診られる傾向があります。

痛みを気にする方、すべての物事を気にする方

→ひとつのことをいつまでもいろいろ考えて悩みやすい方

うつ病になっている方もいます。

よい方向に働けば、よく気がついて、如才のない方になります。

→ひとつのことをそうだと考え、思い込みますので、それを違うといわれたときは、逆に怒ります。他の人から見れば、何でこれくらいのことで怒るのか、ということになります。

俗に言う 切れる方 になります。

 

また、脳梗塞、脳出血の後や、認知症の方にも起こりえます。

 

診察所見では、首、腰、腕、脚を動かしても、何も異常所見が出ません。MRI検査で、椎間板ヘルニアなど異常所見が出ません。にもかかわらず、首が痛くてつらい 腰が痛くてつらい と訴えます。

痛みがつらいことばかり話します。 

 

不安や心配、恐怖、怒り(いらいら)、の感情が、脳での痛みの感じ方を強くする。ドパミンという神経の信号を伝える物質が脳での痛みを感じている部分で低くなり、オピオイド(後で少し述べます。)を感じ取る機構も減り、痛みを抑える神経の機能も低下する。 

というデータがあります。

同じく、緊張、疲労、ストレスにさらされていても、同じことが起こると推測します。

オピオイド≒麻薬が効かなくなる方もいる という事です。

 

これらの3つの状態が、通常は、いくらかずつでも組み合わさって、つらい痛みを感じている と考えています。

 

1人1人の方が、痛みに対して、今まで述べてきたどの状態に陥っているのか、診断がむずかしい。

 

神経の敏感度を測定する器械や、質問表がありますが、時間と手間がかかり、大勢の方に行うのは難しい状況です。

来られた方が、1の痛みの伝わり方が過剰か、2の痛みを脳で強く感じているのか、3の痛みを抑える神経の働きが悪くなっているのか、あるいは、いくつかの要素が組み合わさっているのか、診察でおおよそは予想できます。

が、実際に治療を行ってみないと、わからないこともあります。

例えば、浅いトリガーポイントなどのブロックを行って、その後、痛みがつらくなったことで、始めて判断できることもあります。

 

わかりやすい診断例を挙げておきます。

同じ上腕の肩関節の部分での骨折例でも、痛みの反応がまったく違います。

 

]咾猟砲澆強くて、よい方の腕で痛い方の腕を抑え続けている、脚は異常ないのに、歩くと響くため、歩行が出来ずに、車椅子で移動している中年女性。

肩関節の部分を少し痛がっているが、あまり騒がないため、様子を見ていたら二の腕が腫れてきたので、家族が心配して半日たって連れてこられた老年の女性。

レントゲンでは、ともに同じ骨折でした。

,諒は、1の痛みを伝える神経が過剰に働いていて、3の痛みを抑える神経がほとんど働いていません。2の脳での痛みの感じ方も強いかもしれません。

△諒は、3の痛みを抑える神経が充分に働いている、加えて、2の脳での痛みの感じ方が鈍くなっているのかもしれません。

 

この骨折での通常の痛みの反応は、

O咾痛いので、よい方の腕で、悪い方の腕を抑えながら歩けます。

 

つぎは、治療の話です。

 

1の痛みを伝える神経が過剰に痛みを伝える場合

 

この神経の痛みの余計な伝わりを抑えるリリカ(薬品名プレガバリン)という薬が昨年の夏に発売されました。もちろん、この状態になっていると診察で判断できないと結果が違いますが、使ってみると、効く方が多いのです。効果抜群の方もいる一方、効果がない方もいます。ふらふらする、ぼうっとする 眠い、などの副作用も出ることもあります。

 

骨折や、脱臼の方でこの状態になっている時は、麻酔して整復すると、元の状態に戻ります。

 

3の痛みを抑える神経の機能が悪い場合

 

自律神経のうち、交感神経が過剰に働いてつらい痛みが出ている場合は、神経ブロックが効きます。ただし、交感神経が過剰に働いているかどうか、検査、診察で確定できません。

痛みを抑える神経の機能を高める作用は、ノイロトロピンという薬が最も効果的と考えています。かなりの方に、効果があります。1の状態でも、軽い方には効果があります。関節の障害の時にも効果(リリカは神経の障害の時に使う薬で、関節の障害の時には使いません。)があり、炎症も軽くなる印象です。

 

2の脳で痛みを強く感じている方

 

アセトアミノフェンは お子さんに使う痛み止め、兼、熱さまし ですが、脳で直接痛みをブロックする作用もあるため、頭痛によく使われますが、効果は強くありません。

整形外科では、デパスという筋肉の緊張を和らげて、痛みなど気にならなくなる作用の薬を出しますが、効果があるのは、軽い方のみです。

抗うつ剤、向精神薬など、精神面に作用する薬を出す場合もありますが、痛みの感じ方を強く抑える作用の薬はありません。

 

 

 

 

以上述べてきたような、痛みを感じる神経のバランスを崩れていると考えられる方は、

神経ブロックの効き方も定かでない と考えられます。

一度ブロックすると、痛みの反応が、元の状態に戻ってゆく。

これが通常の反応です。

例えば、

首の痛みで、星状神経節ブロックを行うと、楽になった。

レントゲン透視を見ながら、原因部位の頚椎の椎間関節(神経の出口のすぐそばに当たります。)にブロックしたら、楽になった。

などです。

しかし、

行っても全く痛みが変わらない。

注射の刺激で、逆に痛みが強くなったままになる。

痛みが一時的に改善しても、麻酔が切れると再び痛くなって、痛くなくなっている時間があった分、再びの痛みがよりつらく感じる。

あるいは、ブロックした時はよいが、また痛くなって、繰り返し行っても改善してこない。

→神経ブロックは、何回か行って、改善ないときは、違う治療を選んだ方がよい となります。

 

痛み止め(=消炎鎮痛剤)は、

炎症を抑えて、痛みを抑える薬ですから、原因部位に炎症があって痛みが神経を伝わって感じている時は、効果があります。しかし、原因部位が悪くないのに、神経が痛みを伝え続けていたり、痛みを抑える神経の作用も弱く、痛みを脳で強く感じている状態では、効果がありません。

 

麻薬や、麻薬を元にして造られた、拮抗性鎮痛薬=オピオイド

 

脳にオピオイドを感じ取る機構があり、痛みを最も強く遮断します。

強い痛みを抑えるため、つらい時だけ、何回か、月日をあけて使うなら問題ないと考えますが、

使い続けていますと、

使っているうちに段々と効き目が弱くなり、次第に量を増やしていかなければ効かなくなります。

止めようとして、効果の弱い他の薬を使っても、効きません。

より強い薬を使うしかありません。

=麻薬を使っている方は、オピオイドは効きません。麻薬が一番強い作用だからです。

=オピオイドを使っている時は、効かなくなったら麻薬を使うしかないのです。

(リリカを多く使うと、止められた方がいるという報告を読みましたが。・・・・)

(神経ブロックが効くなら、それで、痛みを抑えることは出来ます。)

→そのため、その同じ薬でないと効かないので、その薬を欲しがるようになり、量が増えて、依存症になる可能性があります。

→そのため、日本では、癌の(末期の)方に主に使われて、通常の改善しない慢性的な痛みに対しては、普及していません。

 

漢方薬は?

これらの西洋医学の治療の効果がない方にも、うまく合えば、効果がある例は、いろいろ紹介されています。ただ、それぞれの方で、出す薬が違うため、診察に時間を取られるのが、難点です。

効く薬は、ある程度しぼられていますので、これからの使用経験で確認して行く予定です。

 

 

このような状態になっている方は、

痛みの病気 になっている 

優しく言えば、痛みに敏感になっている

と私は考えます。

 

このような状態になっている方が、痛みが出ている方全体のどれだけの割合を占めるか不明です。

このようになっている方が

治療してもなかなか治らずに、通い続けることになりますので、余計に印象に残ります。

 

ただし、痛みに敏感になっているのは、体のその部分だけ(痛いところだけ)のことが多いのです。

首でしたら、首だけ、腰でしたら、腰だけ、肩関節でしたら、肩だけなど

首が痛みに敏感になっていても、腰は通常の痛み止めで楽になる。

腰が痛みに敏感になっていても、首は、超音波治療だけで楽になる。

などです。

 

話を優しい表現にしてみます。

 

あなたは痛みに敏感になっていませんか?

 

痛みのことが気になっていませんか?

普段は気にしていなくても、

友人や、家族に、痛みのことばかり話します。

(=重い病気になると、その病気のことばかりを人に言うようになります。)

お医者さん前では、痛みのことばかり 話します。

夜、布団に入ると、他に気がまぎれないので、余計に痛みのことが気になります。

痛みは気にすればするほど、つらく感じます。

 

痛みがあっても、日常生活はかなり普通に出来てはいませんか?

ある一部の動作、ある時だけに痛みがあるのではないですか?

痛みがあっても、仕事はある程度普通に出来ていますか?

逆に痛いので仕事は出来ないと 長期間休んではいないですか?

 

思い当たる方は

痛みから気をそらしましょう!

痛みのことをあまり訴えないことも大事です。

少しぐらい痛みがあっても、痛みがでないようにうまく日常生活や、仕事、可能なら運動をしてゆきましょう!

痛みがあるのでどうなってしまうのか不安がらずに、前向きに好きなことを行ってゆきましょう!

 

不安や心配、恐怖、怒り、の感情が脳での痛みの感じ方を強くする。

のですから、くよくよ考えずに、ストレス、緊張を避けるようにして、穏やかに過ごすことが大事です。

これが痛みを楽にするための、ご本人自身の根本の考え方と思います。

| 本に載っていない話 | 07:49 | - | - | - | - |
本に載っていない整形外科の話
 

首が痛い!3

 

今回は、治療方法の話します。また悲観的になる様な話ですが、あしからず。

 

まず、大前提は、

すべての方に効果がある、(ひとつの)治療方法

はない!

首の痛み とは限りません。

この治療は すべての痛みに 効果があります。

という治療方法はありません。

もし、そのような治療方法をうたっている宣伝がありましたら、嘘 です。

 

整形外科の治療だけではすべての痛みは取れない

 

整形外科は、外科と名前が付くように、手術治療で治すことが治療の根本になる。

 

どのような方が手術になるのか?

 

1、首では、腕に行く神経の圧迫が強くて、他の治療をしても痛みが取れない方

 

椎間板ヘルニアが大きく神経の出口の方に飛び出して、腕に行く神経の圧迫が強い時、

神経根ブロック、首の硬膜外ブロックを行っても、痛みが改善しない、感覚障害、筋力低下が改善しない 時です。

軽い方は、痛み止めを飲んだり、首を引っ張る牽引治療などを受けることで、改善しますが、それでもよくならないときに、上に述べた、神経ブロックを行います。

 

神経ブロックとは、神経の周囲に麻酔剤を注射して、痛みが脳の方へ伝わることをブロックする治療です。麻酔が切れた後も痛みを抑え続ける効果が期待できます。

 

一度痛みが伝わることを遮断すると、麻酔が切れた後も、過剰に伝わっていた信号を抑えることが出来ます。

いままでの痛みとは、別の刺激を神経に与え、脳に伝わりますので、脳のほうから、痛みを抑える指令が出ます。

(これらのことは後でまた説明します。)

麻酔剤が、痛みの原因部分に当たれば、痛みがない間に、体自身が悪い部分を修復するように働く とも考えられます。

 

ただし、原因部分がかなり悪い時は、麻酔が切れるとまたもとの痛みに戻ってしまいます。

 

首が痛い! で来られて、頚椎椎間板ヘルニアの症状の方は少ないと述べました。そのヘルニアになっている方で、さらに今お話した治療でも治らないようなひどい方は、かなり少なくなります。

 

2、脊髄が圧迫されて、神経麻痺の症状が進行してしまう方

 

前々回の述べた話です。手が痺れて、細かい運動が出来なくなる。脚が突っ張ってうまく運べなくなる などの症状が進んでしまう時です。

脊柱管が狭い方が少ない上、その中で、脊髄の圧迫症状が、このように進行する方も少ないです。

 

手術をしたら、元の状態に戻るのか?

 

形を、元の状態にもどすことは出来ない。

腰なども含めた、脊椎の手術の共通に言える事です。

 

手術では、ヘルニアなど、飛び出した悪い部分を切除する。

飛び出すような椎間板は、悪くなっている椎間板である。

切除したら、よい椎間板が出来てくるのか?

そうではありません。

 

椎間板ヘルニアは、髄核が飛び出します。その髄核を出来るだけすべて取ります。残しておくと、残った髄核がまた飛び出す可能性があるからです。

髄核がなくなった椎間板は、繊維輪という組織で支えられます。なくなった髄核は、別の組織で埋まりますが、元の様にしっかりしてはいないのです。

しっかりしていないで、ぐらぐらしていると、そこで痛みがでますので、固定をする必要があります。

特に首では、椎間板を繊維輪を含めてすべてとりますので、椎間板の部分が空洞になってしまいます。そこで、その部分を自分の骨を植えて固定をするのです。

首の前の方から手術して、頚椎の前の部分(椎体)を固定しますので、頚椎前方固定術といいます。

二つの椎体をくっつけて、ひとつの骨にするのです。


どの骨を植えるかというと、自身の腸骨の前の部分の骨です。自分の骨でないと、体が拒絶反応を起こすためです。→他人の骨ですと、異物として体は排除しようとします。

その中で、腸骨(骨盤の前の左右の骨)の骨は、骨髄が豊富で、つきやすいため、一番利用されます。

 

脊椎の狭いところを開く手術は、脊柱管拡大術といいますが、図のように首の後方から手術して開きます。真ん中を切って左右に開く時は、開いた中央部に同じように自分の骨を植えて開いた骨がまた閉じないように固定します。片側を切って開くときは、骨を植えません。そのままで開き続けることが出来ます。

 

いずれも、元のよい状態に戻ったとは、とてもいえませんね。

 

しかし、圧迫されているところを取り除けば、神経への圧迫は取れますから、症状は楽になるはずです。

 

それには、条件があると思います。

 

1、飛び出しているヘルニアに神経が圧迫されていることにより、それに見合う症状が出ていること。

 

当たり前のことですが、圧迫されている程度に等しい痛み、症状が出ているかどうかです。

椎間板が小さくて、圧迫が軽度にもかかわらず、つらい痛みを訴える時などは要注意です。

特に腰椎の椎間板ヘルニアなど、そこからの痛みと説明が出来ないほどのつらい痛みなどの症状を訴えている時は、手術で椎間板を取るときに神経を少しどかしますので、=触りますから、逆につらくなることもあります。(後述)

 

そこからの以外の痛みが出ている時は、当然、その症状は残ります。

MRI検査で明らかにそこだけにヘルニアがあり、それに見合う症状があれば確実ですが、はっきりしない時は、

前回お話した、悪い部分に注射して、痛みが取れれば確実です。

 

 

 

脊柱管が狭い方に広げる手術をする時は、前に述べた指の動きが悪くなる、脚がつっぱってうまく歩けなくなる などの症状が進む時です。

すでに、進行してしまっていて、時間が経ちすぎていますと、手術しても、回復が悪くなります。手の動きはよくなったが、痺れや、脚のつっぱり感が残るなど。

 

上に述べた腰の手術をして逆に痛みなどの症状がつらくなる話は、例は非常に少ないのですが、お話しておきます。もちろん、神経を切ってしまったり、ちぎってしまったりする医療ミスではないときです。

首では、直接神経に触ることが少ないので、少ないです。

 

2、手術する時に、悪い神経をよけて、ヘルニアをとる必要があるときは、神経に触りますので、そのことにより、痛みが残ったり、別の痛みが出たりすることがある。

手術で圧迫を取ると、痛みが出ている神経の走っている角度などが変わりますから、そこで別の痛みが出る。

痛みは取れたのに、痺れが残ることもあります。

手術前に麻痺している筋力が、順調に回復するとは限りません。麻痺したままのこともあります。

 

3、神経への血流が悪くなったり、手術の時に、神経を触るので、手術後に、神経が回りの組織にくっついて、別の症状が出ることがある。(手術で、触った部分は、多少なりとも、手術後に、組織がくっつきます。)

特に糖尿病がある方は、神経がやられやすくなっていて、手術の時に、軽く引いているだけで、神経麻痺の症状、特に、その神経が支配している筋力が落ちることがあります。神経を切ったりつぶしたりしなくても です。=医療ミスではありません。

首では、脊柱管狭窄症のとき、脊椎の後ろの部分を広げる時、脊髄へ行く血管をある程度損傷しますので、血流が悪くなって、麻痺を起こすこともあります。=通常の手順での手術ですから医療ミスではありません。

 

したがって、

手術がうまくいたからといって、すべての症状が取れるわけではないのです。

そこで、今ある症状と、手術後残るであろうと考えられる症状を、天秤にかけて、それでも、手術した方がよい と判断される時が、手術を薦める時です。

 

 

受ける側も、命にかかわる病気ではありませんので、

手術を希望する方は少ない。

 

以上より、手術で治す例は、かなり少ない となります。

 

悲観的な話をしましたが、少しぐらい別の症状が残っても、今あるつらい症状が取れた時は、非常に快適です。手術が成功している方は、このような例ですし、

行う側も、出来るだけそうならないように勤めているのです。

手術した方がよい の判断が的確な先生(もちろん手術もうまくいくことが前提)なら、手術した方は、ほとんど、すべてよくなります。

 

 

一方、整形外科では、手術治療以外の治療は、どうしても手薄になる。

 

整形外科の手術以外の治療といったら、牽引する治療がメインです。

 

頚椎椎間板へルニア、頚椎椎間板症(=頚椎の椎間板から痛みが出ている時)、頚椎の椎間関節から痛みが出ている時は、牽引治療が、低周波電流刺激、レーザー光線照射、超音波照射などの痛みを抑える治療(ホームページ参照)より有効な場合が多い印象です。

 

ところが、牽引治療を行うと逆につらくなることがあります。

痛みが強く出ている初期には特に起こりえます。

が、少しぐらい痛みが強くなっても、その後(半日ぐらいの方もいれば、3,4日後の方もいます)痛みが楽になりますから、有効なのですが、痛みが強くなることで、悪くなったと感じるのが人間です。

 

牽引は、強い痛みが落着いて、それでも腕の痺れなどの症状が取れないときには、有効になります。

 

他の痛みを抑える方法は、

 

消炎鎮痛処置 (炎症と痛みをとる処置) あるいは、痛みを取って日常生活、社会生活復帰させるという意味の、リハビリテーション(リハビリ)という言葉で表します。

整形外科では、低周波電流刺激装置(トリオ、SSP、干渉波など多数あります。)や、 極超短波、ホットパックなどの温熱治療(あたためる治療)などの治療を行っていることがあり、低出力なレーザー光線治療(スパーライザー光線もこの一種)になると、少なくなります。当院で使われている超音波治療となるとさらに普及は少なくなります。他にリラクゼーション目的の、水圧式マッサージベット、カプセルタイプの装置などいろいろですが、ほとんど開業医が使用していて、一般病院には見られません。

筋力トレーニングや、関節をほぐす運動療法を行うリハビリテーションは、通常、理学療法士という資格のある方が行っていています。資格がない方でも、マッサージなどを行っています。関節運動学的アプローチもこの運動療法を行うリハビリテーションに入りますが、あまり普及しておりません。

 

神経ブロック治療は?

 

痛みが出ている部分には、痛みの発生部位とは別に、トリガーポイントと呼ばれる部位があります。この部位に注射すると、痛みが楽になることがあります。

使う薬は、麻酔剤が多いのですが、他の薬でも構いません。

皮膚のすぐ下の部分に薬を入れますので、安全で施行後すぐ帰れます。整形外科でも、行うことが多いです。

痛みが皮膚のポイントに表れている時は、病気の種類にかかわらず、有効です。が、椎間板ヘルニアで、神経の圧迫が強い例では、効果が余りありません。

 

首の神経根のそばに注射するブロックは、レントゲン透視を見ながら行わないと、目的の部位の神経に当たったかどうか正確には判断できませんが、見ないで行うことも可能です。

椎間板ヘルニアで、神経が圧迫されている時、その痛みの原因部分に当たったときは、特に有効です。

 

他に、首では、星状神経節ブロック、首の硬膜外ブロックなどがあります。整形外科では施行できる先生が少なくなり、麻酔科の先生が行うことが多くなります。

星状神経節ブロックは、痛みに敏感になっていて、余計な痛みが出ている時に有効です。頚椎椎間板ヘルニアでも、ヘルニアの圧迫による痛み以外の強い痛みがあった場合は、有効です。

首の硬膜外ブロックは、脊柱管内の、硬膜の外に直接麻酔剤を入れますので、椎間板ヘルニアや、脊柱管内に圧迫の原因がある病気のほか、腕や、首周囲からの神経が、脳に到達することをブロックしますので、首の外に痛みの原因のある病気にもある程度、有効です。

この二つのブロックは、自律神経のうちの、交感神経をブロックする作用が強く、血管を広げて、血流を改善する作用もあります。この場合は、首周囲や、上肢の血流の改善になります。(後述)

 

 

(首の)神経ブロック治療は万能ではない

 

ただし、注射をすると、すべての方が楽になるわけではありません。

痛みには有効ですが、痺れ、感覚障害、筋肉の脱力→神経が圧迫されて麻痺している状態となると、効果が悪くなります。これは、より強力な、星状神経節ブロックや、硬膜外ブロックにもいえることです。

 

痛い方でも、痛みに敏感になっていると、逆に、注射して薬を入れるという刺激で痛みが強くなることがあります。

その後、痛みが楽になれば、有効です。次の日楽になる方、3,4日つらくて、その後楽になる方など、その期間は人によって異なりますが、なかなか楽にならない方に、施行し続けると、痛みがどんどん強くなって、痛みが取れなくなる病気に移行することがあります。


何故このようなことになるか、

痛みを感じる仕組みを簡単に話します。

 

過去にも何回かお話したことですが、また、お話しておきます。

 

1、痛みは、皮膚、関節、筋肉などから知覚神経を伝わって、脊髄を上昇し、脳に伝わります。

2、その感覚を、で、痛い と感じます。

3、痛みを感じた時、脳や脊髄から、痛みを抑える指令が出て、痛みを伝える神経の作用を抑えます。

 

痛みを感じ方が違うのは、以上のバランスの問題です。

 

1の神経の痛みの伝わり方が鈍ければ、痛みの感じ方は小さくなります。

 

骨折などの外傷などで、ひどく悪い部分が体に生じると、その部分から痛みの信号が出続けて、異常な信号量になることがあります。激痛になったままの方はこの状態の方です。

 

神経ブロックは、この神経で痛みを伝えることを一度麻酔剤でブロックします。麻酔剤が効いている間は、痛みがなくなりますし、麻酔が切れた後、痛みの伝わり方を元の落着いた状態に戻すことができます。

 

2の脳で痛みの感じ方が少なければ、痛みはあまり気になりません。

 

3の痛みを抑える神経がよく働いていれば、痛みは比較的楽になります。

 

骨折などの外傷で、初めは激痛でも、しばらくすると、痛みが楽になってきます。来院された時に比較的に痛みが収まっている方は、この神経がよく働いている方です。

1の方は、痛みが過剰に伝わりすぎていて、この神経の作用が間に合わず、激痛のままですが、一度ブロックすると、痛みの伝わり方が元に戻りますので、この神経の機能も働いて、痛みが楽になります。

 

私は、すべての治療は3の痛みを抑える神経を利用していると考えています。

ブロック注射などの別の痛みを与えることはもちろん、前に述べたすべての消炎鎮痛処置は、別の刺激を与えることで、痛みを抑える神経の働きを促しているのです。

 

痛みに敏感になっていて痛みを強く感じる時は、

 

1の痛みを伝える神経が敏感になっていて過剰に痛みを脳へ伝えている。

2の脳での痛みの感じ方が大きくなっている。

3の痛みを抑える神経の働きが悪くなっている。

です。

このうちどれが一番関与しているかは、人それぞれですし、3つのうち3つとも関与していることもあります。

上に述べた状態ですと、注射などの痛みの刺激を与えると、痛みがつらくなりそうな気がしますね。

 


自律神経が、痛みの感じ方をコントロールする。

 

この話も過去に何回かいたしましたが、またお話しておきます。

 

自律神経は、自分の意思でコントロールできない神経です。物を取ろうと思って、動かす動作は、脳からの指令が、神経を伝わって筋肉を動かしますので、自分の意思でコントロールできるのですが、心臓を拍動させたり、物を消化したりするときに作用する神経は、自分の意思とは関係なく働きます。このような神経が自律神経です。

内蔵の機能を高めたり、身体の生命保持機能を安定させる副交感神経と、緊急、緊張時に心臓の拍動を高めて、脳に血流が多く行くように、他の部分の血管を修復させ、内蔵の機能を抑えて備える交感神経の2種類があります。

 

副交感神経は、脳幹部と脊髄下部に中枢があり、交感神経は、脊髄に入る直前の脊椎の傍らに中枢が並んであります。このうち、首の下部にある大きな交感神経の中枢が星状神経節です。

交感神経は、痛みの神経の通り道(痛みを体の先から脳へ伝える神経)、運動神経の通り道(脳から筋肉へ指令を送る神経)の傍にあり、痛いとき、それを避けるように体をより敏感に反応させように働きます。つまり、痛みを強く感じさせるように働きます。この時、交感神経の機能が、副交感神経の機能より強く作用してます。次のような状態です。

 

交感神経が緊張している時

ストレス、緊張、いらいらなどが強い時、痛みが続いている時になります。

 

この状態ですと、痛みを抑える神経の機能が落ちて、痛みをよりつらく感じます。痛みに敏感になるのです。その交感神経の機能を抑えるのが、前述した神経ブロックです。この状態になっていて、痛みがつらい時は、交感神経を一度ブロックすると、機能が落着きますので、麻酔が切れた後も痛みが楽になるのです。

 

副交感神経の機能が落ちている時

一方、交感神経の機能が正常でも、副交感神経の神経の機能が落ちると、交感神経が副交感神経より強く作用していることになります。

更年期障害の症状は、脳幹部での副交感神経の機能が落ちている時の症状です。動悸(心臓の拍動数が挙がる)便秘、吐き気(消化器の機能が落ちる)めまいや、血管が収縮して下肢が冷える、それに対して、脳の血流は保たれて、上肢はほてる などの症状がでます。

 

この状態で、交感神経をブロックすると、痛みに敏感になっている状態は改善されると考えますが、他の症状は残る可能性もあります。しかし、腰にブロックを行うと、下肢の血流が改善されて下肢の冷えた感覚が改善する。交感神経をブロックすることで、副交感神経の機能が高めて症状が和らぐ(身体は、どちらかが、有利に働くようになっているはずです。)とも考えられます。

| 本に載っていない話 | 19:58 | - | - | - | - |