RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

赤坂整形外科

院長のオリジナルの考えをのせています。今までの考えを残してゆくつもりで筆を執りました。読み物だと思ってください。
<< ”あいさつ”の内容から | main | 交感神経が 痛みをコントロールしている? >>
筋肉の痛み と 神経の圧迫による痛み の違い

前回の話の補足 です

 

前回のお話しは

筋肉自体から出る痛みの話です。

 

筋肉の中を走る細い動脈や、筋肉を包む筋膜などから痛みを伝える神経が、脳の方へ痛みを伝える とお話ししました。

痛みを伝える神経は、上肢でしたら、首の骨=頚椎の中へ入って上方に進み、脳に伝わります。下肢でしたら、腰の骨=腰椎の中に入って上方に進み、脳に伝わります。つまり、身体の先端いわゆる末梢から、脳=中枢の方へ、痛みが伝わります。

 

一方

神経自体が圧迫されて起こる痛み(=いわゆる 神経痛 と思ってくだい) は、

 

例えば、椎間ヘルニアという病気は、頚椎や腰椎の椎間板で神経が圧迫されて、その神経が行く先の部位に痛みが出ます。

椎間板は本来の形では神経は圧迫されませんが、神経のある側に椎間板が出っ張ったり、飛び出したりすると、圧迫されます。この出っ張ったり、飛び出したり、本来ではない形が ヘルニア です。

首の椎間板で圧迫される神経は、上肢に向かいます。

腰の椎間板で圧迫される神経は、下肢に向かいます。

(脳から、身体の上肢下肢などの抹消に、前述の逆方向に指令を伝える神経が、運動神経です。痛みを伝える神経とともに同じ神経の中にあります。)

前述の、痛みを感じる神経は、その上肢や下肢から痛みが伝わって、脳で、その部分の痛みを感じますが、

大元の椎間板で神経が圧迫されると、実際は、上肢や下肢から、痛みが伝わっていなくても、神経が行っている先の部分で痛みを感じている と脳が勘違い??するのです。

したがって、痛む場所は、首に椎間板ヘルニアが起こると、首以外に上肢に、腰に椎間板ヘルニアが起こると、腰以外に下肢に、痛みが出ます。つまり、上肢や下肢の筋肉部分 に痛みが出ます。

この場合は、上肢、下肢の筋肉部分に治療をしても良くなりません。

原因が、痛みが出ている 筋肉自体 ではないからです。

大元の、首や腰の椎間板部分の治療をしないと改善しない のです。

 

| - | 13:18 | - | - | - | - |