RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

赤坂整形外科

院長のオリジナルの考えをのせています。今までの考えを残してゆくつもりで筆を執りました。読み物だと思ってください。
<< 痛みの治療に携わってわかってきたこと | main | 痛みの治療に携わってわかってきたこと >>
痛みの治療に携わってわかってきたこと
5、 痛みは気から 症状編2

 痛みに敏感になっている状態は、大まかに二つに分けられると考えられますので、もう一度、まとめてみます。
痛みを抑える神経の機能が悪くなっている状態
 自分では痛みがつらいので、診察を受けたが、あまり悪いところがありませんと言われた。異常ありませんと言われた。(もちろん診落としは無しです。) この場合、痛みがあるが、動きはよく、何かをするとつらくなる。=動きがよいと言うことは、診察だとあまり悪い所見が出ないと言うことになります。非常に痛い時があるが、そうでもないときもある。=日によって、痛み方が違う。時間帯で痛み方が違う。痛み止めの薬はあまり効果がない。治療を受けたら、痛みがつらくなってしまった。など、前回の症状編の、1〜4に当てはまる状態の方です。
痛みを抑える神経の機能がまったく働いていないと考えられる状態
動かそうとすると非常に激痛が出て、動かすことができない。動かさなければ、あまり痛みを感じない場合もある。前回の症状編の追補に当たる内容の方です。治療を受けたら痛みがつらくなる場合が多く、診察で、動かしただけで痛みがつらくなることも考えられます。交通事故後の頚椎捻挫のときにしばしば?(当院に来る患者さんのなかにです。)みられますが、ほかの外傷後や、外傷のない腰痛下肢痛の患者さんにも、診られます。
 この二つは別の病態(病気の状態)かもしれません。
、理論編での、セロトニン、ノルアドレナリンの作用が悪い状態。 ドパミン、脳内麻薬がうまく働いていない状態と考えられます。

| 痛み | 18:12 | - | - | - | - |