RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

赤坂整形外科

院長のオリジナルの考えをのせています。今までの考えを残してゆくつもりで筆を執りました。読み物だと思ってください。
<< 私の薦める治療 | main | コーヒーブレイク >>
ときどき聞かれること
シップの話をさらに加えます。これもときどき聞かれることです。

43冷シップがよいのか、温シップがよいのか。

 温シップは、消炎鎮痛剤の量は少なく、カプサイシンという、唐辛子の成分が入っているため、カァー と熱く感じます。冷シップより、刺激が強い分、かぶれやすい印象です。このカプサイシンという成分自身も痛みを抑える作用があります。この物質は、消炎鎮痛剤ではありませんので、炎症を抑える作用ではありません。痛みを抑える神経の効果を増すと考えてください。つまり、痛みは気からになっている(=痛みを抑える神経の機能が悪く、痛みに敏感になっている)方は、このカプサイシンのほうが、消炎鎮痛剤より効きます。 実際に、冷シップで冷えて困るという方は、実は、自律神経の機能が悪くなっていたり、=局部の血行が悪くなっていたり、痛みに敏感になっている方が多いのです。
 一般に、冷シップの方が、消炎鎮痛剤の量、種類が多くはいっています。炎症が強い方は、冷シップの方が効果的です。ただし、最近、冷シップと同じ量、成分の消炎鎮痛剤が入っていて、さらに、唐辛子の成分を加えて温かく感じるシップが出ました。両方の効果が期待できます。一方で、ハリホットというつぼに灸を据えるような感覚の小さなシップ剤は、製品回収となっています。足の底に貼ると、つぼ刺激が気持ちよくて、効果が高い印象でした。刺激が強いので、かぶれ易いという印象もありましたが、足底は、皮膚が厚くてかぶれにくいのです。

 温めて冷やすのが、効果があるという考え方を元にすると、痛い方は、一般に、冷たく感じる冷シップでよいと考えています。特に、痛みがひどくない方は、風呂上りに冷シップをはる で充分効果が期待できます。

 冷シップで、冷えて困る人は、温シップを薦めます。冷えて辛い方は、“痛みは気から”(=痛みに敏感になっている) になっている方が多いと考えています。前記したように、カプサイシンは、このような方にも効果があります。消炎鎮痛剤もよく効かせたい場合は、最近発売された新しい温シップがよいです。従来のものより、消炎鎮痛剤の充分に含まれていて、それにカプサイシンを加えているからです。特に冬場は、温かくて気持ちよいです。
| ときどき聞かれること | 08:31 | - | - | - | - |